プロフィール

kenkendance

Author:kenkendance
趣味はチビ飲み、特技はちゃんぽん、ビールと赤ワインが大好物!!

世の中、酒と泪と男と踊り。

島田の駅前で愛を叫ぶ
工場長けんけんダンス奮闘記。

ブログ更新時はシラフです(笑)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月29日 はれ

今日は朝から大事件!!! (たぶん、私に限りのことですが。。。)


時差ぼけで変な時間に眠くなったり夜中まで眼がキンキン冴えまくったりでえらいこっちゃになっていたそんな最中、、、
私の大先輩であり無二の友であるゆきさんからメールが。。。


「THE GREEN TABLE」(ダンスの舞台)の再演が生で観られるよ!チケットを早くゲットするのだ!!! と。


この「THE GREEN TABLE」とは、Kurt Jooss(クルト・ヨース)振付による60年以上前に作られた作品。私が初めてこの作品を観たのは、リンカーンライブラリーのパフォーミング・アーツ資料館に保存されているフィルムだった。
私が資料館で勉強をし始めた12~13年ほど前、ゆきさんが「ともちゃん、絶対にこの作品好きだから観て!」と教えてくれたおかげで出会えた作品。だからこそ思い入れも強く、なにせ作品自体が凄すぎて、初めて目にした時の衝撃と感動は今でもはっきり覚えている。そういえば、当時資料館に勉強しに来ていた多くの舞踊大学の学生達が、ブラウン管にしがみついて発狂しそうな私を一瞬冷ややかな目で見たものの、それが「THE GREEN TABLE」だと分かると、「だよね~!!!」的な共感の空気に変わったという、そんなこともあったなぁ。。。


小さいピース(小作品)をいくつも連ねたイブニングレングス(40分以上の長編作品)をつくりたい!世に残る大作を創りたい!このような作品を作れるようになりた~い!!!


自分に、踊りのセンスも才能もなく、身体的環境にも恵まれていないのはとっくの昔に分かってはいましたが(苦笑)、少々オーバーに聞こえるかもしれませんが、そんな私が、どうにかこの人生を、踊りに携わって生きてはいけないものか…、と考えるきっかけになった作品で、一生勉強し続けることが出来る目標を手に入れたような気持ちになったことは間違いないんです。私がいつの間にかKDFで「サスペンス担当」になってしまったのは、まさしくこの作品がきっかけなんです。
gtscene3ro.jpg
作品自体は、この作品が作られた当時の社会的時代背景の風刺を舞踊化した作品。



そんなこんなで、この作品の構成などについて研究論文などを発表している文献や書物を読み漁り、この私はどこから勉強したらいいのか、なまじその途方に暮れている感を満喫しつつ紆余曲折今日にいたるのですが、



まさか、その作品が生で観られるなんて!
しかもたった2日間しかない再演の最終日。。。
日にちも曜日も時間もピッタリ!他の予定とかぶってない!しかも、残っていたオーケストラ席は、最前列ど真ん中にたった1席だけ!!!ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ~っ☆
おーまいが~っ!神様仏様!!!これはもう絶対に観る運命だったに違いない!!!
(※ハイテンション注意!)



…という朝を過ごしておりました。少々取り乱しました、すんません(苦笑)。




その後、意気揚々とアパートを出て、、、
NCM_2718.jpg
私のトレーナー達がいるMovement Salonへ。



いつものことですが、、、
NCM_1875.jpg
キャデラックに

リフォーマー
NCM_1874.jpg
渡米一発目のセッションはキツいっす。。。


ですが、KDFのピラティスクラスのみんなにレクチャーするヒントはいつもここが出所なんです。みんなが「レッスンに来ると身体が楽になるよ…」と言ってくれるのと同じように、私もここに来てゆう子先生やダニエル先生のセッションを受けると本当に身体も気持ちも楽になります。

ただ、体力的、筋トレ的にメニュー自体が少々ハードでキツいので、、
全身筋肉痛と引き換えに骨の髄まで引き伸ばされる気持ちよさを選択しているような感じです(笑)。


このMovement Salonでは、早朝からセッションがあるので本当に便利!!!
帰国まで時間の許す限りお世話になりつつ「朝活」と「寝活」しようと思います♪






ピラティスの後は、ゆきさんと待ち合わせてお食事へ!!!
もう、朝からあんな大事件勃発だったから、それはもう早く会いたくて仕方がなかったのですが、、、まぁまぁ、とりあえずは先に腹ごしらえを。と言うことで、地下鉄に乗ってアッパーイースト地区へ。



毎回恒例の「今回はどこの国ご飯かな?」食の話のネタには持って来い!シリーズ(笑)。
今回はなんと!「ビルマ料理」 って、相変わらずマニアックです。。。




さて、ここからはお料理の紹介♪


まずは、ビルマビール。
意外にもコクがあって美味しい!このビールは少し日本のビールに近い感じでとっても飲みやすかったです。
NCM_2719.jpg
そして、前菜のお茶っ葉のサラダ!?
(今回のビルマチョイスは、静岡を意識してのことらしい…笑)
このお茶っ葉サラダは、トマト・人参・キャベツに結構大量のお茶の葉。そこにピーナッツ・レンティル(豆)・乾燥エビが加わり、少し酸味の効いたドレッシングでいただく。
てか、味も食感も間違いなくハマります。。。
もしこれが居酒屋のお通しで出てきたら、、、おかわりしちゃうくらい嬉しいね♪



続きまして、
ビルマのヌードルスープ「モヒンガ」
NCM_2720.jpg
大きなボウルにスープと麺、別皿にはトッピングのフライドオニオンとゆで卵、パクチーにレンティル。


こんな感じで小さいボールに取り分け、トッピングを乗せてレモンを絞りいただきます。
NCM_2724.jpg
麺は米粉の麺、スープはなんと!ナマズから出汁をとったスープらしい。。。
てか、スープは全然魚臭くないし、米粉の麺もあっさりしていて超~軽い♪でもって、お茶の葉サラダにも入っていたレンティルは、大麦くらいのサイズの小粒な豆で、とにかく歯ごたえがたまらない!!!パクチーとレモンが味の決め手となっていて、日本風に言えば「食べるスープ」的感覚ですかね。



最後にメインのビルマカレー!!!
お肉のチョイスはビーフ。思わず角煮かよっ!と突っ込みを入れたくなるような日本ではありえないサイズの肉が、これでもかっくらいゴロゴロ入ってます!!!
NCM_2721.jpg
具は、やわらか~く煮込まれたそのゴロゴロのお肉たちと大胆にカットされたポテト。タイ米に近いサラッとした細長いご飯にかけていただきます。超~絶品☆☆☆星三つ!←堺正章風(笑)。味的にはカレーというよりか「かなりスパイシーなビーフシチュー」といった感じかな。







今日も美味しく頂きました。。。







食後は、恒例のともこ祭り(発表会)報告、ビジネス報告に創作目標声明、星の動き連絡会議。。。



まずは発表会DVD&パンフレット贈呈式(笑)。
NCM_2726.jpg
普通の女子的に言えば、「スタバでお茶しよ~♪」なのですが、、、
あたしたち二人の「お茶」は、話の内容も素のオタクっぷりも最強に強烈です(笑)。







ニューヨークの街中はスタバも深夜まで営業。。。
いい感じに夜は更けてゆきました。




<< 10月30日 はれ …だけど寒い!!! | ホーム | 10月28日(NY時間) 雨 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。