プロフィール

kenkendance

Author:kenkendance
趣味はチビ飲み、特技はちゃんぽん、ビールと赤ワインが大好物!!

世の中、酒と泪と男と踊り。

島田の駅前で愛を叫ぶ
工場長けんけんダンス奮闘記。

ブログ更新時はシラフです(笑)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けんけん徒然日記 NY 2015

さて、今年も始まりました、けんけん徒然日記、、2014年年末のニューヨークぶりです(汗)。


2014年年始から今日までのこの約10ヶ月間、もう5年分くらい活動したんじゃないか??そんなめまぐるしくも充実した2015年を送ってこれたのも、ちょっとした目標が定まってからだということは自分でも解ってる。私のやる気というか、勢いというか、モチベーション自体が、私自身がテンションあげて頑張らなくても勝手に上がっているのが自分自身感じるわけで。。
 



思い起こせば、
2014年年末のスタジオでのクリスマスコンサートからの2015年年始のB-WORLDでのルーファス・ワンナイトショウと、シリーズモノで2本踊ったショウは、そう言われれば久々の相方の梨央さんと二人で30分モノのボリューム大なショウだった。
1422179697843.jpg 1422188235160.jpg



年始からは、TEEN'Sクラスあーちゃんの「リベンジしたい」から始まったコンテスト。
前年度は本人いわく気持ちも技術も心がけも全然足りず、その現実にチームみんながズタズタになったらしく、、それでも、そこでやめたり逃げたり言い訳したりせずに、私に「リベンジしたい」って気持ちを伝えてくれたことから始まった。一つ世代がしたの小学生達とあーちゃん達で何とか予選を通過し、中高生のお姉さん達も構成に盛り込んで挑んだ本戦、結果は残念で、みんな悔しくて泣いていたけれど、天狗になって結果だけに満足してしまうことがなかったのは逆に良かったし、課題が丸裸になったことで士気も上がり、反省会はこの上ないみんなの意見が聞けた。

1426396538024.jpg

ようは、日々の積み重ね、質のいい練習をし、やりきって出し切らないと、思うような結果は簡単には出ないということだ。ハリボテの上っ面な振付どおりに動いているだけのものや、地道な練習を積んでいる・積んでいないなんて、見る人が見れば一発で解ってしまうもの。そのために私がずっとこだわっている基礎練の大切さが、何を言わなくとも伝わった手ごたえはあった。






そこからのコートニー・ワークショップ。
NCM_2317.jpg
NCM_2294.jpg

ゆかりちゃんがNYで活動の拠点としてる「VISSI DANCE THEATER」とKDFとの絡みは、かれこれ4年前から話が上がっていたが、前回のVISSIの来日の際は、私がちょうどエジンバラで芸術祭に参加していた時期だったためにタイミングが合わず、以降幾度となくチャンスは伺っていたものの夢や目標に留まるのみだった。
しかし、今年はタイミングよく、ゆかりちゃんのちょっと長めの一時帰国があったおかげで、コートニー・ワークショップの企画を立てたり、実際のKDFをじっくり見てもらいながら、来日公演のプロジェクトについてもじっくり話し合うことができた。
NCM_2400.jpg
結果、私はめちゃくちゃツイてる人間で、神は常に味方してくれているのである(持論・・・笑)





その間、私は都内へ観劇のみならず、コンテンポラリーや舞踏のワークショップに足繁く通い、作品に触れショウに出演するチャンスも頂いたりした。
small.jpg
1430922191444.jpg
とても充実した学びの時間だった。。。









そこからの夏祭り、BBQ、
FB_IMG_1438615898746.jpg
NCM_2540.jpg
なかなか日本にいなかった夏を超~満喫し、






梨央さんとは常に綿密なスケジュールの計画、遂行、そして二人の演目の稽古は、幾度となくミラクルな瞬間と遭遇した。
1445329807674.jpg






からの、久しぶりの地元島田で開催した発表会。思いのほか回りからの評価が高かった。
1445329875335.jpg
伊與田家大集結!!!


「思いのほか」というのは、いつもの「公演部門」の製作の苦しみはもちろん、前年度までの文化財団提携事業であり県や教育委員会の後援のもとで行うプレッシャーもナシ、地元の舞台で純粋に生徒のための発表会にしたことで肩の荷は微塵も感じなかった。まぁ、その何だか変に余裕ありすぎなのが怖い気もしたが、生徒たちとはいつになくじっくり練習できたし、私の考え方やダンスに関しての価値観もみんなに知ってもらえるいい機会になった。細かい段取りや作業も今までになく計画通りに難なくこなせたし、そんなこんなで、発表会は来年のプロジェクトに向けてのホップ・ステップでしかない気すらしていたものの、結果、その余裕が全体を客観視し第三者的に見渡せたことにも繋がったような気がする。

NCM_2643.jpg

私の手腕や価値観云々ではなく、みんなにとっていい経験となり、充実した時間となったことが発表会が成功した理由なのだ。それが本番みんなの踊りににじみ出ていたのである。



ま、KDFの匠(講師陣)の腕という説もありますけど(自画自賛…笑)。
1445329989367.jpg






そこからの翌週、しまだ大井川マラソンのハーフ地点でのダンスショウタイム。。。
私が「島田市のおもてなしにぜひ協力して欲しい・・・」とみんなに懇願はしたものの、、、
NCM_2658.jpg
発表会の疲れも取りきれてない翌週によくもまぁこんなに人が集まったものだ(笑)。






長くなりましたが、、
そんな濃ゆい2015年スタートからの「けんけんNY徒然日記」。


出掛けに
発表会の打ち上げでもらった、生徒からのお手紙・メッセージに眼を通す。。。
発表会直後は何かと感動しまくるから時間を置いてから読もっと。的にこの日まで読まずに取って置いたが、、、

NCM_2685.jpg

NCM_2686.jpg

結局、ジーンとしてしまったという(苦笑)。



我輩は幸せである。
名前はけんけん、、、




行って来まーす。。。



<< 10月28日(日本時間) はれ | ホーム | 旅の終わりに >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。