プロフィール

kenkendance

Author:kenkendance
趣味はチビ飲み、特技はちゃんぽん、ビールと赤ワインが大好物!!

世の中、酒と泪と男と踊り。

島田の駅前で愛を叫ぶ
工場長けんけんダンス奮闘記。

ブログ更新時はシラフです(笑)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

けんけんNY日記 ★旅の終わりに★

今回の旅のキーワードは、


「development」… 発展、成長、進化。


ダニエル先生の講習でも、幾度となく出てきました。
学び続けること、そして成長し続けること、、、



私が求めてやまない、「独自の表現」「前衛的なもの」への道のりの過程には、絶対に忘れてはいけない、必要不可欠であることには違いありません。




舞台のことだけではありません、日ごろのみんなとのレッスンだって同じです。
楽しさを提供することも大切ですが、詳細を分かりやすく伝えることも、れっきとした表現の一つですから、ピラティスを通じて、ダンスを通じて、私自身が一つずつ変わっていけたらと思います。




人と人とのコミニュケーションもまだまだ反省・改善すべき点は山のようにあります。。。




こんなズラズラ書きなぐっていますが、、、
これらは全て私自身のことですので(苦笑)気にしないで下さい。





ただ、ちゃんと今思ったことを事細かに記録しておかないと、、、自分の勝手な偏った価値観の上での「必要なもの」や「大切なもの」しか脳裏に残らず、それ以外(もしかしたら本当はもっと大切かも知れないもの)の記憶が、時間の経過と共に薄れてしまいそうな気がして、、、







アナログな脳みそに免じて許してください(苦笑)。











スポンサーサイト

5月6日 はれ

昨夜は、一睡もせず、、、


今回の旅のあれこれを振り返りつつ、部屋の掃除とパッキングをしておりました。なんだかんだ時間があっという間に迫り、、、案の定バタバタしてしまいましたが、ダニエル先生も早起きしてお見送りをしてくれました。







そして今、空港で珍しくアメリカ版「朝マック」を食しながらブログしております(笑)。






ニューヨークは、本当にパワーのある街です。



いつだって、へこたれてへし折れそうな私に再起する力を与えてくれます。



ニューヨークという街自体にパワーがあることは確かですが、、、



目に見えない大切な何かを求めて、このニューヨークに十数年通い続け、偶然にも必然にも、私がここで縁あって出会うべくして出会った人達が与えてくれるものが、私にとっての「目に見えない大切なもの」なのかも知れません。。。





今後、日本で、島田で、縁あってこれから私と出会う人達に、今度は私が「それ」を与えられるそんな人になりたい。。。





改めてそう思います。




願っているだけでは叶わないから、、、
キレイゴトを言ってるだけでは済ませません、、、






さぁ、今から帰ります。








5月5日 はれ

今日は、ダニエル先生の講習最終日、そして再テスト。
朝から部屋でアップをしながら、昨日のフィードバックと反省点を元にサクサク動いていました。



朝食は、コーヒーとマフィン。
どきどきして、、、なかなか食べ物がのどを通りませんでした。



講習が始まり、また昨日とは違うお題に従ってデモンストレーションをしました。





昨日とだいぶ変わったとほめられて、、、素直に嬉しかったですが。。。




ダニエル先生は、私が一年ぶりにNYに来て、私の髪型も体系も「新・竹取物語」の時とはすっかり変わっていてびっくりしたけど、、、でも、昨日のテストを見た時は、一瞬2年前がよみがえったよ、、、と。




あれから一年、「くるみ割り人形」経て、少しは固い殻が破れたかと思いきや、いつだって、意識をちゃんとその方向へ向けないと、自然にリリースは出来ないんだぁ…と。






ホント、少しずつ、一歩一歩です。






それから、次のステップに必要なレクチャーをあれこれ、課題も宿題もどっさりでましたが、現段階の講習は無事に終了しました。
NCM_0094_convert_20120506204645.jpg
本当にありがとうございました。これからも、日本で頑張ります。









講習後、夕食の約束をし、とある隠れ家へ。




知る人ぞ知る、ゴッドハンドの持ち主の家へ(笑)。
DSC00785.jpeg
クレオパトラのゴールドスキン…自分へのご褒美。



これは、ハマります!!









そして、夜。。。



ダニエル先生、ゆう子先生、お友達と大勢でワイワイ中華料理屋さんへ。。
NCM_0100_convert_20120506204941.jpg


NCM_0099_convert_20120506204745.jpg
    

NCM_0101_convert_20120506205043.jpg
円卓をグルグル回していっぱい食べました!




そして、サプライズの認定式。。。(涙)
NCM_0115_convert_20120506205137.jpg
先生からの教えが形だけにならない様に、健康と幸せを普及させてみせます。




先生ありがとう。。。
NCM_0125_convert_20120506205233.jpg
これからもよろしくお願いします!!





しかし、、、




せっかくの感動も、、、
NCM_0131_convert_20120506205326.jpg
ダニエル先生と私だと、いつもこうなってしまいます(笑)。。。





今回の旅ももう終わりに近づいています。







幸せな時間は、ホント瞬く間に過ぎ去ってしまいます。。。







5月4日 くもり

昨日は、親友のゆきさんと白熱トークでファイヤー!!!したあと、その足でMovement Salonでマシンセッションを受け、そして、夜は友人のゆかりちゃんが所属するダンスカンパニーの見学をしにリハーサルスタジオへお邪魔しに行きました。
NCM_0056_convert_20120504233300.jpg
…が、しかし、、、

見学のはずが「Join us!!!」の暖かいwelcome的なモードに嬉しくなってしまい、リハーサルに参加させてもらうことに。。。着替えてスタンバイしたはいいものの、なれない動きに四苦八苦!普段のレッスンより数倍も汗だくになりながら、結局、作品の振付まで参加させてもらっちゃいました。




そう、ゆかりちゃんが所属する 「Vissi Dance Theater(ヴィシーダンスシアター」 は、今年の8月に来日が決まっていて、静岡公演もあるとのことで、そこで私も一緒に踊らないかとお誘いを受けておりました。このブログでも年始に<巡りあい>で紹介した通り、ゆかりちゃんとはかなりの遠回りをしてようやく今年であった訳で、今回、ゆかりちゃんを始め、ヴィシーのみなさんと一緒に舞台に立たせて頂くにあたり、この来日のタイミングでスタジオ単位としても何かしらのサポートができれば…と思っておった訳ですが、



残念ながら、7月末から8月までの1ヶ月間、私は渡英することが決まっておりまして(←この件に関しては、また追って報告いたします)ヴィシーの来日と私の渡英の期間がちょうどかぶってしまい、せっかくの共演が叶わなくなってしまいました。。。



今回は、その報告とお詫びをしに意を決してゆかりちゃんに会いにきたのですが、



「きっとこのタイミンじゃなかったんですよ、絶対また一緒に踊るチャンスありますって!」



キラキラの笑顔でそう言われ、胸が救われました。。。




ヴィシーのみなさんはとても暖かく迎え入れてくれて、このカンパニーのボスであるコートニー氏も、上品で紳士的なのにとっても気さくな方で、本当に至れり尽くせりだったので、、、暖かさと残念さで複雑な気持ちでした。。。
NCM_0057_convert_20120504233408.jpg  NCM_0058_convert_20120504234113.jpg
リハーサルの雰囲気は、緊張感と言うよりも、血が騒ぐようなテンションの上がりようで、ダンサーのみなさんとっても素敵でした。今日の振付はアフリカンダンスベースの作品でしたが、日本人のゆかりちゃんも、もう「日本人」ではなくアジア人的な異国の雰囲気が炸裂で、素敵な具合にチームの中で存在感を醸し出してました。そういったカンパニーに所属したことのない私にとって、作品の練習風景はさることながら、その団体組織の構成や在り方、リハの進め方まで、勉強になることだらけでした。




貴重な経験を、本当にありがとうございました。




ヴィシーの夏の静岡公演の詳細は、決まり次第またここでも紹介させていただきます!








そして、全身筋肉痛のバキバキゴリゴリに苛まれた今朝、、、



ダニエル先生講習のテストを控えていたため、気持ち的にも少々バキバキゴリゴリ気味でした(苦笑)。



部屋でストレッチをしながら課題の復習をしたあと、ランチへ。
NCM_0064_convert_20120506200720.jpg
素敵なガーデンスペースのあるメキシコ料理やさん



アボカドとサワークリームの入ったトルティーヤを注文…
NCM_0066_convert_20120506200836.jpg
美味しかったのは覚えていますが、正直、テスト前の緊張感でそれどころじゃなかった気がします(苦笑)。





ランチを終え、講習とテストが始まりました。



昨日一日は講習もセッションもなかったので、それなりに空き時間を有効に課題の消化や練習をしてきたつもりではありましたが、、、



やはり、いくつになってもテストは緊張します。。。(汗)



その場で出されたお題をガチガチになりながらも一通りこなしたところで、「私が自分の生徒に教えるための意見」ではなく、「ダニエル先生から私個人に対しての意見」をもらいました。ノートに書き込み、その場で直せることは直してみっちり2時間、明日、反省点を踏まえて最終チェックということで。ふぅぅぅ~、テストは無事に終了。。。




ものすごい脱力感。。。
その瞬間の方が、きっといい具合に脱できていたに違いない(笑)。





夜は、ゆかりちゃんとコートニー氏が私を夜の街へ連れ出してくれました。
NCM_0075_convert_20120506201525.jpg



車でブルックリンのクラブへ!
NCM_0091_convert_20120506202119.jpg



ダンスって楽しいです。
NCM_0079_convert_20120506201802.jpg



私のひょんな雑学から、ニューウェーブ誕生!(爆笑)
NCM_0085_convert_20120506201929.jpg
コートニー氏も最初は少々あきれ気味でしたが、一緒にポーズ(笑)。




毎回そうですが、旅の終盤は帰国までのカウントダウンが寂しくなってしまう出来事がいっぱいです。。。













5月3日 くもり

今朝は、部屋でダニエル先生の教本とにらめっこ。。。
明日のテストの練習をしてました。


そう、、、ニューヨークに来てからというもの、いつものようなダンスのレッスンを詰め込む毎日を過ごしていないせいか、ここのところ体調が絶好調であります。ダンスよか強い全身筋肉痛に苛まれていることは否めませんが(苦笑)、その心地よい疲れは何より心が充実している証拠かも知れません。






今日は、「くるみ割り人形」のフィードバックをもらうために、ゆきさんとランチへ行きました。
ゆきさんからは、的確な問題点と次なる課題をコテンパンに投げられるため、、、毎年、私にとってこの日が一番怖い日でもあります(苦笑)。



とりあえずは、腹ごしらえを。
NCM_0051_convert_20120504233037.jpg
今日はベトナム料理です。
生春巻きに、野菜とハムのクレープ、



そして、カエルの炒め物!!!!!!!!!!
NCM_0055_convert_20120504233147.jpg
私的には、テスト合格に向けての験(ゲン)担ぎであります。(←ピラティスに「フロッグ」という足のポジション・動きがあるので)

それにしても、、、炒め物にごろりと入っている、引き締まったカエルの足は、、、少々グロいですが(苦笑)いざ口にすると鶏肉のようでとっても美味しいかったです!これで合格間違いなし★(…?)




そして昼食後、いつも私が勉強材料を物色するCD・BOOKショップの建物内にある喫茶コーナーへ行きました。




私が自分自身の崩壊を願って奮起した「くるみ割り人形」は、無残にも砕け散りました。。。




「何を伝えたいのか、全くわからない」



そんなフレーズからゆきさんの感想は始まりました。



前回の反省点を踏まえても、新しいことに挑戦すればまた新たな反省点が、不足点が、問題点が、、、「いいものを創りたい…」そんな簡単に叶うことではありません(涙)。



起承転結の「起」でぶった切られた感じ。
自分の中でのイメージや解釈をもっと表に出すこと、見る側に投げること、そのための具体的な表現のボキャブラリーが少なすぎる。




同じようなこと、演出の長谷山さんにも言われました。。。
今更ながらではありますが、よくもまぁこんな状態で、そんな私の作品を、長谷山さんはあそこまで演出してくれたものだ…と改めて思いました。


長谷山さんの演出の引き出しの多さやそのアイデアのすばらしさはさることながら、私が心の奥底に抱いている想いも、それをうまく表に出せないもどかしさも、きっと誰よりも一番理解してくれていたのだろうと。。。自分の無力さに涙が出そうでした。



「どんな芸術家にも、メンターって人がいるって知ってる?ともちゃんにとってのそういう人がそばにいてよかったね。」



その後ゆきさんは、具合的に「ここはこんな風に表現するとこんな風に伝わる」といった例題を出しつつ、そのものが持つイメージは何か、もしくは、このイメージを持たせるために何があったら伝わりやすいか、それらを質問形式で私に投げ、私はそれにが答えつつ、断片的な絵をいくつか作り、、、


どう印象や価値観で遊ぶか、そして更にディテール(詳細)人物設定やシチュエーション設定、そこからの、ダンス・動きの「テーマ&バリエーション」、結果、どう表現に繋げていくか、、、





…舞台を何度も創っている人が今さら受ける指導ではないかもしれません(汗)。




でも、ゆきさんは、私がどんなに噛み付いても、私のことを決して見捨てることなく、私が理解できるまで、納得いくまで説明してくれて、そして勉強の方法も新たな課題も与えてくれます。ある意味、ゆきさんも私の舞台製作には必要不可欠なメンターなんです。





絶対に、次の舞台に生かそうと思います。





そんなこんなで「くるみ割り・フィードバック大会(…笑)」は終了。




そして最後にゆきさんは、「それにしても、大作できちゃったね~、いやぁ~、マスター・ピースだね~、これからがすごく楽しみだよ。私も創作活動したくなっちゃった。。。なんか、いっぱい言い過ぎちゃったけど、ともちゃんのくるみ割り人形、私は大好きだし、細かいことはさておいて、ともちゃんの内に秘めてるものや着眼点にはゾッとさせられるよ。」







…飴とムチだ(爆笑)。







コテンパンのあとにこれじゃ、挫折のしようがない(笑)。





崩壊って、自らは出来ないことなんだ。。。





人の手によって壊されることで、自分に気づき、新しく生まれ変われるチャンスを与えられる。





そう、自分の中の狭く偏った価値観や固定観念の中では、いくら場所や環境を変えても、新しい自分とは出会えない。大切にしがみついてきた14年、新しい自分に出会いたいから、誰か私を壊してください!!!私の中での「くるみ割り人形」は、そんな固いくるみの殻を割るための人形で…、




それが、私がやりたかった「くるみ割り人形」ということだった訳で。





そんな壮大な想いがありつつも、確かにあの舞台では伝わりきれていないのは事実である。。。





今回の旅のミッションは、ここにありました。





ノートにはギッシリの課題、心にはいっぱいの夢、頭にはハッキリ決まった次回作のテーマ。






ゆきさん、今回も本当にありがとう。
次回作、期待しててください!そして、またコテンパンにしてください(←ドMか?…笑)






意気揚々と足取り軽く、Movement Salonへと向かいました。







けんけん徒然日記、つれづれなる時間はまだまだ続きます。。。













5月2日 雨のちくもり

今日は、午後からダニエル先生の講習があったので、朝は、雨のロウアー・イースト(このアパートの地区)を散策しつつ、お昼ごはんとコーヒーの調達を。。。
NCM_0039_convert_20120503212314.jpg
この地区(マンハッタンの西側・下の方に位置します)は、現在再開発の真っ只中らしく、至る所で大規模工事が行われています。ニューヨークを昔から良く知る人の話しによれば、俗に言う「空気がガラリと変わる地区」の一つで、当時、夜の一人歩きは大変危険だった街が、今現在はこうして再開発されながら安全な地区に生まれ変わったと言う。かの有名なアーティスト、レディーガガもこの地区に自宅を一軒所有してるとのこと。




レディーガガと近所って。。。(笑)




そんな雑学を頭に巡らせつつ、オーガニックスーパーでお弁当とスープ、コーヒーを買って帰宅。今日のスケジュールをチェックしながら腹ごしらえし、着替えをしてアップ、講習に備えしました。





今日のダニエル先生の講習は、昨日の講習の詳細部分の説明に加えて、その意味や理由、、そして、まずは私のピラティス・マットクラスのデモンストレーションをチェックしてもらいながら、ベースの修正と、個々の動きのバリエーションを伝授してもらいました。




今まで、Kスタのピラティスクラスでみんなと続けてきた実績がここで役に立って良かった…と思う反面、私の持ってる指導者資格もダニエル先生のメソッドも同じピラティスですから、もちろんやりたいことやその目的は同じなのですが、、、意識の方向と持って行き方、考え方が全く持って違う部分、斬新な部分に、目を醒めさせらることがめちゃくちゃ多いです。バリエーションや発展系も、この先生の手にかかればこんなにも無限大になってしまうんだなぁ…、と。




何事も、ちゃんとした理由や理論の上で独創的な発展系を見せられたら、私のダンスも舞台製作も、もっと斬新な進化を遂げられるかも知れない!!!そのために、その核となる土台や基礎の部分は、絶対にぶれたりゆがんだりしてはいけない訳で、無限大の変化を遂げるための、絶対的な基礎は譲れない部分であり、、、そう思うと、そのために必要な地道な稽古や基礎練習の積み重ねも全く苦にはなりません。



そう、マニアックで地味に地道すぎる活動には、その先の大きな夢がいっぱい詰まっておると言う訳であります!




ま、話は反れましたが(苦笑)、そんなこんなでみっちり講習、こってり絞られ、宿題もどっさり。。。
NCM_0040_convert_20120503212429.jpg
明後日、昨日と今日の講習内容と、デモンストレーションのテストがあります。。。




頑張ります!!!!!!!!!!




講習後は、先生に借りた教本を見ながら、部屋で少し動きながら復習してました。
…3年前の年末を思い出しました。。。あの頃は、指導者資格検定に緊張しまくって、形や順番ばかりを頭に詰め込もうと、もうピラティスどころの騒ぎじゃない、がちがちの身体で力みながらガツガツ動いていました(苦笑)。




ダニエル先生は、「ピラティスは筋肉運動じゃない、身体も気持ちもリラックスさせるためのもの。」




そうおっしゃってました。その通りだと思います。




ピラティスをやれば健康になれるのもだからやる、とかではなく、ピラティスの呼吸や動きを通じて、そのリラクゼーション的な動きになるための筋肉が自然と付き、気持ちも身体も健康的に変わってゆく、そんな自分を感じることが出来るような指導やアプローチが出来るトレーナーになりたい。。。





ダンスに関してだって同じことです。。。




そう思わずにはいられません。








そして夜!ゆかりちゃんとコリアンタウンへ!
NCM_0044_convert_20120503212752.jpg
今後のスケジュールの確認や、打ち合わせ諸々。。。と言う名の飲み会(笑)




まっこり!
NCM_0041_convert_20120503212913.jpg
こんな壷に入ったお酒を、おたまですくって茶碗に入れて飲みます。
いやぁ~、雰囲気出てますねぇ、申し分ないですねぇ、ここは本当にニューヨークでしょうか(爆笑)。





周りをシャットアウトし、一人閉鎖的な環境に身を置いていた、、、そんな、いつもの辛い舞台製作・武者修行の旅は一体いづこへ。。。

いぇ~い!イェーイ!Yeah!!!!!!!!!!





今まで手にすることのできなかった楽しさも、誰もが出来るという訳ではない経験も、今、ここにあります。








くるみの殻は、本当に割れたようです。。。




5月1日 雨のちはれ

やけに、ユニオンスクエア周辺が警官隊で賑わってるなぁ…。
NCM_0036_convert_20120502210302.jpg
と、思ったら、今日はメーデーでした。


新聞やニュースではよくこの警官隊の映像を目にしますが、これだけの人数を実際に目の当たりにすると、かなり迫力あります。



Movement Salon のあるこのユニオンスクエアという地名は、まさにそのメーデーにまつわる警官隊が名前の由来とのこと。さっきまで雨が降っていたとは思えないほど晴れ晴れとした青空の下、近所で暴動とか起きなきゃいいけど。。。



そそくさとMovement Salon へ向かいました。







そう、今日から、待ちに待ったダニエル先生の講習が始まりました。
私にとっては、未知なる挑戦でございます。



この一年、色々な踊りや動きを通じて、自分なりに出来る限り模索し考えあれこれ練習してきました。大きくは変わらない自分の動きの根本に、新しいエッセンスが加わったら、どんな感じになるのだろうか…。



今日は、その全てが凝縮されたメソッドの講習だったんです。
まだ最初の一部分でしたが、ダニエル先生のそのメソッドは本当に素晴らしいもので、感動すら覚えました。



というのも、身体の部分部分を連動させるトレーニングを常に研究している人にとっては、ピラティスが絶対に必要なものではないかもしれませんが、
…私は、外側のビジュアルが割と重要で、テクニック先行型のレッスンばかり続けてきましたから、(かといって、高度な技術を習得しているわけでもなく、見てくれもそう大してカリスマ的にカッコイイこともないのが残念なのですが…苦笑)ある程度のところまでくると、どんなに斬新な振付を考えても、当然のごとく、新しい表現を見出すことに事足りなさや限界を感じてしまった訳で、、、



私の場合、逆輸入って訳じゃないですが(苦笑)、ピラティスによって、ダンスや表現にとっても必要不可欠であるべく、身体と心、双方の「芯」の重要さにフォーカスを置くようになったんです。



ですから、自分が追求したい表現の延長上に、たまたまピラティスがあり、そのピラティスで鍛えられたコアと身体の動きの流れをうまくつなげて連動させることで新しいムーブメントに仕向けてくれるトレーナと出会うことが出来た、、、と言う訳なのであります。少しずつではありますが、自分が今までやってきたことが繋がってきた嬉しさを噛み締めつつ、残された時間、精一杯身体と心で吸収して持ち帰ろう!と、強く心に誓う今日この頃。



「新・竹取物語」の舞台の時に、せめてここまで感じることが出来ていたなら、どんなに良かっただろうか。。。
ま、そんなかぐや姫だったから、男らを蹴散らかして月に帰って行ったのでしょうけど(苦笑)。…ちょっとした残念さと背中合わせに、少し気づけた嬉しさで複雑な心境です。




かくいう、全身筋肉痛は全然とどまることを知りません(苦笑)。




講習の後はコーヒータイム!
NCM_0035_convert_20120502210407.jpg
朝ごはん抜きだったので超~腹ペコ。。。チキンサラダサンドイッチをガッツリ食べました。




その後、ダニエル先生はお仕事へ、私はダンスのレッスンを受けに学校へ行きました。



久々のジャズダンスは、さっきの講習の筋肉痛と心地よいだるさで、身体自体はバキバキでしたが、動きはいい感じで全身の力が抜けていた感がありました(笑)。。。リリーステクニックは、自分でコントロールしたいものです(苦笑)。


↑てか、ダンスのレッスンのコメントこれだけかよっ!
いろいろな意味で…満腹時にハングリー精神やストイックさは出せないもので、、、身体と心は正直であります(苦笑)。決して、ダンスがやる気ない訳ではありませんっっ!(汗)





レッスンの後、ヨガのさかもと先生と待ち合わせ、
NCM_0038_convert_20120502210515.jpg
夕食に「シーフード・フォー」を食べました。




お互いの近況報告やちわ話をしつつ、ビクラムヨガについて話はかなりヒートアップ、さかもと先生の関西人魂炸裂でした(爆笑)。
私のfacebookでも、「ストイック」だとか「修行僧みたい」だとか、かなり盛り上がっていましたが、、、確かに、わざわざそんな過酷な環境に自ら足を運ぶって、頭おかしいと思われてもおかしくはないですが、でもまぁ、結局のところ、なぜそんなことをするのか私自身の中にも未だ答えはなく、単純に、その環境下である一定のラインを乗り越えると、文句も不満も出なくなり、不安な気持ちもどうでも良くなって「無」になれるという(苦笑)、奥深いと思いきや実にシンプルな考えに辿り着く訳であります(ホントか…?)




久々に大笑いして帰宅。





今日は大量のカロリーを消化した一日でした。
















| ホーム |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。