プロフィール

kenkendance

Author:kenkendance
趣味はチビ飲み、特技はちゃんぽん、ビールと赤ワインが大好物!!

世の中、酒と泪と男と踊り。

島田の駅前で愛を叫ぶ
工場長けんけんダンス奮闘記。

ブログ更新時はシラフです(笑)。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅の終わりに

これが更新される頃は、空の上でしょうか。。。


帰りも地下鉄とトレインを乗り継いでJFK空港に向かってみました。
早朝は地下鉄の工事やトラブルなどで何かとダイヤが狂うらしく、空港までどうやって行くの?聞かれるたびに、JFKまで地下鉄で行くよと伝えると、ゆきさんはダイヤ所要時間を調べてくれたり、ダニエルもマイケルも、二人口を揃えて「かなり早めにアパートを出るんだよ!」とか「地下鉄はAじゃないよ、Eだから間違えないようにね!」とか、、みんなから心配されているのがちょっと嬉しかったり。



眠かったけど、早朝?夜中?の地下鉄は、乗車している人が何かと怪しくて、、、
うとうとしながらも寝ることは出来ませんでしたが(苦笑)。
NCM_2868.jpg
空港にちゃんとたどり着けました!


早い時間にアパートを出たおかげで1番にチェックイン。
今、飛行機登場時刻までの時間を有意義に過ごしています。。。




今回の旅は、来年のプロジェクトに向けての打ち合わせなどが目的だったので、、
常に日本のみんなのことを念頭において行動していたし、ニューヨークでの生活が特別現実逃避な感じは全くなかったことに少々新鮮さを覚えておりますが、、、
NCM_2869.jpg
夢は夢、現実は現実、目標は目標、、、
そして、大切な人は何処にいたってずっと大切。。。


良く耳にする「一度しかない人生」というフレーズに、こんなにも身震いし、奮起させられたのは今回が初めてかも知れない。「生きるということ」をテーマに、毎年毎年あれこれ頭をひねって色々舞台の題材を試してきたが、年々その現実味が増してきている気すらする。

時には撃沈したり落ち込んだり迷ったり悩んだり不安に襲われたりするけれど、、結局は、実行しない限りは成功も失敗もないわけで、、、まさに失敗は成功の元だね…。





今回の旅から再確認したテーマは、






挑戦と継続。







また心機一転、顔晴ります!!!



スポンサーサイト

11月4日 夜明け前・・・

さてさて、

シャワーして、パッキングも終わり、
ゆかりちゃんともありがとうの連絡を取ったし、、、




なんだかんだ居心地の良かったこの部屋ともお別れ。。。
NCM_2867.jpg
今からJFK空港へ向かいます。






11月3日 はれ

今日は今回の旅の最終日。。。


超~いいお天気!!!!!
NCM_2836.jpg
真夏日のような気温で、半袖の人も多かったです。



朝一番にゆきさんと待ち合わせてBerakfarstへ。
イーストビレッジのウクライナ料理を食しました。


赤カブのスープ「ボルシチ」
NCM_2840.jpg
サワークリームをたっぷり乗せ、チャラブレッドという少し甘めのパンと一緒に食べます。
私の大好物♪



ウクライナ料理でもっともポピュラーな「ピエロギ」
NCM_2841.jpg
水餃子みたいな食べ物で、炒めたオニオン・サワークリーム・アップルソース、お好みで塩コショウをつけて食べます。


ピエロギの中身は、バリエーションが豊富!!!
NCM_2842.jpg
今日の具は、ポテト、ビーフ、マッシュルーム、ゴートチーズ、ほうれん草、パンプキンにザワークラウト(千切りキャベツを醗酵させたもの)、一番ポピュラーな具はポテトらしい。



ホットアップルタイザー
NCM_2838.jpg
シナモンのきいたアップルジュース。日本にはなかなか馴染みのない味です。。。




テラス席の風が心地よい席で食しながら、、、
・THE GREEN TABLE について語る会
・ともこ(発表会)祭りフィードバック会議


会話は主にこの2点。ちょっと予定外の意見も沢山聞けて、、、
また更なる目標が出来ました。


次回に絶対繋げます!!!
来年も顔晴るわよ~♪









ゆきさんと名残惜しくバイバイした後、ピラティス・トレーナーのダニエル先生と待ち合わせ、お茶しながら、近況報告などなど。話の流れで午後のセッションに飛び入り参加させてもらえることになり、Movement Salonへ!!!




1時間のマシンセッションの後、ファブリックやスティックを使ったトレーニングを伝授して頂きました。
NCM_2849.jpg
ファブリックを使ったコンタクト



ピラティスで鍛えるのコアを意識しながらのスティック
NCM_2852.jpg
楽しそうで気持ちよさそうですが、意外と難しい。。。



こっちも
NCM_2850.jpg
あらゆるところが伸び、足の筋肉の強化にもなります。


次から次へと出てくるトレーニングやストレッチのアイデアを一つずつ試しながら、KDFのピラティスクラスのみんなに向けてのアプローチもいっぱい教えていただきました。ダニエルのレッスンを受けていると、楽しく続けられることって本当に大切だと思います。これは、普段KDFのピラティスクラスでも言っていることに繋がるのですが、自分の体調や筋力・体力に合ったエクササイズを心がけることって、本当に自分自身を観察しないと出来ないなぁ、、、と、つくづく思います。言われるがままにやったり、自負していたことによって無茶したり、それでは元も子もない訳で。。。




ピラティスを通じて、ダンスにしても遊びにしても普段の生活、大きく言えば生きていること全てに繋がっているものを感じます。










レッスン後、一旦帰宅。
パッキングを半分くらい済ませ、Movement Salonへ。


ゆう子先生とダニエル先生と食事へ♪
NCM_2848.jpg
Movement Salonの看板猫と一緒に、ゆう子先生の仕事が終わるのを待ちました。
この猫ちゃんは名無しらしい。。。





最後の晩餐!!! IN 「LANZAS」イタリアンレストランへ。
NCM_2857.jpg
ゆう子先生やダニエル先生が頻繁にライブを行っているレストランなんです♪



超お勧めメニューは、、、
NCM_2854.jpg
ホームメイドのモッツァレラチーズ・トマト&バジルに、魚介類たっぷりのシーフードサラダ。



ボンゴレ
NCM_2855.jpg
美味しすぎて、ハシ?フォークが止まりません!!!



そして、オーナーからは赤ワインのプレゼント。。。
NCM_2856.jpg
いつも美味しいご飯とワインをありがとうございます。。。




楽しい時間はあっという間。。。
NCM_2861.jpg
スケジュールの関係とは言え、、、一日じゃ時間が足りません(涙)。。。





名残惜しくコーヒーを飲みに、、、
1446619635653.jpg
ダニエルのお友達のマイケルも合流。
スキンヘッドの白人男2人と、日本人の女2人という何ともへんてこりんなメンバー(笑)。



たわいもない話で大笑い!!!めっちゃ盛り上げるの巻き。。。








何だか、明日帰国する気がしません。。。






11月2日 はれ

昨夜、深夜まで続いた打ち合わせ、、、

内容や詳細を打ち合わせる以前に、、結局は自分自身のことになってくるのだが、考えを変えないといけないことや、やらなければならないと思う節を多々感じてしまったため、夜は眠れず、それが夢にまで出てきてしまい…、


何とも後味の悪い目覚めだった。。。(苦笑)




そんな時こそダンス!!!!!!!!!!



今回の旅では予定しておりませんでしたが、今日は早起きしてレッスンを2本受けました。
NCM_2746.jpg
外の空気はすがすがしいです。



コンテンポラリーのクラスでは、吹き荒れる風のように踊りました。
全てを忘れて何も考えず無心に動くなんて、いつ振りだったろうか。。。




だた、昨日のピラティスがいつになくハードメニューだったせいか下腹部の筋肉痛が半端なく…、


間違いなく変な動きをしていたはず(爆笑)。



頭も心もめっちゃスッキリ!!! やっぱりダンスって大~好き♪
相変わらず振り覚えの早さに自画自賛しながら(笑)学校を後に。




帰り、オーガニックスーパーWhole Foodsに寄り、大好きな「好き勝手詰め詰めランチBOX」に食べたいものをい~っぱい詰め込んで、日替わりスープも一緒に購入。
ランチBOXは、味はサイコーですが、見た目の詰め詰めした絵面が良くないので写真はなしです…(笑)。




アパートで一旦休憩をし、今日もMovement Salonでピラティスのセッション。



ゆう子先生に、「昨日のレッスンで下腹部の筋肉痛が凄いことになってるんです。。。」と伝えたら、「今日の今からのクラスはもっと凄いよ、、、」と言われた。どうりで今まで入ったことのない別室の部屋、棚には無数のダンベル、でもって、ちょっと身体つきが違う若い年齢層のメンバー、、、




あちゃ~





内容は言うまでもありません。。。
もうキツいとかそういう問題ではなく、「無」になってコアの限界に挑戦するのみ(爆笑)。
でか、ホント今日は無になるとか無心にさせられるとか、そんなことばっかり!!!

ここまでくると、何も考えるな!!!という暗示かも知れません(笑)。
みんなでヒーヒーしながら最後までレッスンを頑張りました。






その後、ゆかりちゃんとコートニーと待ち合わせ、
昨日の打ち合わせの続きを。






一晩経って、今日は頭も心もスッキリしたせいか、冷静になって伝えたいことを整頓できたので、、、
自分が一生懸命考え、思い切って出した提案をゆかりちゃんにうまく伝えてもらい、、、
それをコートニーも快諾してくれてOKがもらえたので、、、




超~ホッとしたぁぁぁ(涙)。




寛大なコートニーに感謝です。。。
伝えてくれたゆかりちゃんに感謝です。。。




その後、付随する詳細事項はサクサク決まり、あとは私が日本に帰ってから頑張らなければならない課題や、コツコツ根気良く積み重ねていく活動のみ!!!
と言ったところで打ち合わせは終了!!!





本当に、やってよかった。。。と思える舞台にしたいです。
舞台の内容だけでなく、この「海外交流プロジェクト」が、VISSIにとってもKDFにとっても充実したものとなり、私自身、コートニーやゆかりちゃんに「これがやりたかったんです」と伝えられるように、、、


今後きっとぶつかるだろう壁や問題も、常に広い視野を持って色々な作戦やアイデアをひねり出しながら乗り越えてゆきたいと思います。




ありがとうと、これからお願いしますの美酒♪
NCM_2832.jpg
とってもオサレなBARにて3人で乾杯しました☆



なんと!!!
この旅、初めてのワイン!!!
禁酒してたつもりはなかったですが、そう言えば全然飲んでない!!!


どうした、けんけん!!!?
雨が降るどころかハリケーンが来るぜぃ(爆笑)。




そもそも、お酒を飲んでる余裕すらなかったのでしょうけど、
目の前の事態に対して、酒に逃げなくなっただけアタシ成長したんだと思う!(自画自賛)
…って、当たり前じゃオイ(苦笑)。







さて、旅の任務も全て無事に終了したということで。。。





寝ます。。。



11月1日 くもり

今日から冬時間!!!


日本ではあまり馴染みがないので、、、
過去、幾度となくこの冬時間だの夏時間だのいうシステムに振り回されたことか。。。そういえば、夏時間の切り替えを知らずに、学校へ行ったらもう既にレッスンが始まっていてお目当ての先生のクラスを受け損ねた…、なんてこともあったなぁ。
それに比べて冬時間は、11月1日のAM2:00になったらAM1:00に戻るんだって~!!!
最近のスマホは、GPSだの世界時計などが機能して勝手に時間を合わせてくれるから超便利。
ホントだ~!!!今日は一時間多く睡眠が取れるね(笑)。みたいな。




なんだか得した気分で(?)
今日も朝からピラティスのマシンクラスを受けました。


今日のメニューはキツかった!!!
昨日、キャデラックはリラクゼーション効果もあるなんて言ったけど、撤回撤回!!!
キャデラックもリフォーマーも、トレーニングの内容次第ではいかようにも変幻自在!!!(笑)
目的と効果に合わせてメニューを決めていくのは、日本で私がやっているマットクラスも同じ。緩和バージョンももちろん大切だが、男性の生徒が割りと多いKDFでは、時には強度の強いメニューがいいメンバーが揃う日もしばしばあったりします。そんな時は、今日のようなメニューはよりクラスが充実するためのヒントが盛り沢山!!!本当に参考になります。



クラスのあと、ゆう子先生とランチしました。
ピラティスの話よか、話題は日本と海外(ニューヨーク)とのアーティスト的感覚の違いについて。。。
私的に、、、まさに、旬です。。。



プライドを持つ部分や妥協点の違い、強く交渉しないとダメなこと、割とアバウトでOKなこと、
NCM_2772.jpg
私にとっても課題です。。。






その後、一旦帰宅。


先日チケットが取れたオフ・ブロードウェイの「Fuerza Bruda」へ!
NCM_2829.jpg
めちゃくちゃアパートの近所でした。


荷物は持たず軽装で、
座席がないから疲れない靴、
びしょぬれで踊りたい人は着替えを持参???
なんのこっちゃ?


そんな前情報だけで全然意味分からず劇場に向かうと、さっそく広めのライブハウスのような空間に案内され、「びしょぬれで踊る」って何だ?という前情報がずっと引っかかっていたのと、思いの他すし詰め状態に、ワクワクよりか少々不安の方が強かったのですが、、、
NCM_2775.jpg
舞台設定と空間の使い方、さすがオフ・ブロードウェイの醍醐味ですね。。。



これは、第一発目の感動が大事なパターンの内容なので、どうりで意味不明な写真と訳の分からない前情報だけが出回るわけです。狭い空間の使い方やその着眼点には、大いに参考になる部分が沢山ありましたが、
NCM_2807.jpg
話題性に関してもぬかりないです。。。



確かに、こんな写真見せられても(ショウの最中は撮影自由なんです)
NCM_2824.jpg
意味分からないですもの(苦笑)。
一度劇場に足を運んだ人サイドからすると、ネタばらしちゃったらこれから来る人がつまらなくなっちゃうのもかわいそうだし、でも面白いからちょっとでか写真アップしてみたけど、、、結局、内容を知らない人にとっては余計に意味分からなくなる…みたいな。



ま、私もいいカモです(笑)。





劇場を出て一旦アパートへ。
運良くびしょぬれにはならなかったけれど、かなりの軽装だったので一旦着替えをし、、、
ゆかりちゃんと待ち合わせて食事を済ませ、コートニーと合流。





打ち合わせは夜中まで続きました。





内容を一旦持ち帰って頭を整頓、明日の夜また打ち合わせの続きをします。





頑張るぜぃ!!!

10月31日 はれ (其の弐)

(其の壱)より続きです。。。


地下鉄【E】トレインの終点、Jamaica Canter駅に到着。
NCM_2756.jpg
コートニーがゼネラルマネージャーを務める「Jamaica Performing Arts Center」という劇場があります。



今回の旅の大きな目的の一つでもある、「The Masquerade」と言うイベントへ。
来年のKDF海外交流プロジェクトに向けて、コートニー率いる「VISSI DANCE THEATER」が中心となって開催したイベントで、ダンサーや関係者も多く集まるとのことで、私も参加させてもらうこととなりました。
NCM_2771.jpg
私個人的な目的としては、VISSIサイドでパーティーのセッティングなどもお手伝いさせてもらいながら、関係者の方々にご挨拶しつつ、VISSIのダンサーさんとの親睦も深めたい。。。と言ったところです。



時期がハロウィンということで、このパーティーもドレスコードの設定がありまして、、、
「仮面舞踏会」…ドレスアップにマスク着用での参加とのこと。。。
ゆかりちゃんから着物で参加して欲しいとの要望があったため、着物をあらかじめ用意して日本から持って行きました。いつもバックパッカーばりに荷物の少ないアタシにとって荷物の削減は大きな課題で…、結果「つくり帯」はやめて、平たく収納できる「名古屋帯」での着付けを選択し、着付けを母親に伝授してもらいました。名古屋帯での着付けは、確かに収納スペース的にはコンパクトなのですが、普段から着てないと忘れちゃうし、そう簡単に着れるものでもないので決断するのに結構迷いました。。。

結局、いっちょパーティーに向けて気合を見せてやっろうじゃん!と言うことで、母親から伝授してもらった後も日本で何度か練習して行きました。
…って、どんだけ気合入ってんねん(爆笑)。



ま、その気合が功を奏してか、
楽屋で黙々と着付けをしていると…
みんなの視線を感じまくり…
それがまた、めちゃくちゃ気になって超~プレッシャーではありましたが(汗)



そのおかげで楽屋内では着物や着付けをはじめ日本についての会話が弾み、マスク着用の効果もあってか、みんなとの距離感もグッと縮まりました。私的には結果オーライです♪



お気に入りの写真
FB_IMG_1446382973258.jpg
いつもなんだかんだ慌しすぎて撮り逃すツーショット(笑)。



ダンスリーダーのトニカ。
NCM_2758.jpg
似合い過ぎる。。。というか、超~自然にカッコイイ(笑)。



アリエル
NCM_2762.jpg
声を出してくれないと全然誰だかわからない!(爆笑)



ここまでくると
NCM_2767.jpg
もう、ハロウィンの域を超えてます。。。



ちょっとこれ、どうなの!!!!!!!!!!?
FB_IMG_1446463035947.jpg
ハイクオリティーです。。。



コートニーやゆかりちゃんを始め、ここにいる来年の来日メンバーのダンサー達に「KDF海外交流プロジェクト」をやって良かったと思ってもらえるために、またKDFのみんなが参加して良かったと思えるようなプロジェクトにするには、今の私に何が出来るだろうかと深く考えました。





情熱だけでは成功しない難しさがあります。





さて、パーティーでの任務終了!!!







いよいよ明日から本題に入ります。


10月31日 はれ (其の壱)

今日も朝からピラティスのセッション!


いいお天気!!!
NCM_2747.jpg
日本の秋よりかは結構寒いですかね、、、
でもいい季節です。


ピラティス・マシンクラス、、、
時差ぼけも治って体調も良好!のせいか?
前回、渡米一発目のレッスンよりか身体全体的に動きがスムーズになってきた気がする。もちろんそれはゆう子先生のアプローチのおかげなのですが、、
キャデラックではこれでもか!っくらいの骨と言う骨が引き伸ばされ、筋肉もかなりストレッチされる。リフォーマーは、確かに筋トレニュー的にはキャデラックよりキツい動きが多い気もするのだが、股関節周りの動きでその日その時の身体の調子が本当によく分かる。


どちらもアプローチやトレーニングの方法によって、リラクゼーションにも筋トレにもなるから、本当に理に適った優れもの。。。
NCM_2748.jpg
あぁ、、、欲しいなぁ。。。 



てか、毎回言ってる(笑)。




一旦アパートに戻って支度をし、「リンカーンセンター」へ。
NCM_2749.jpg
私はいつもここの建物内の「Preforming arts 資料館」を利用することがほとんどでしたが、資料館だけでなく、この「リンカーンセンター」はオーケストラを始めとする音楽に、オペラ・バレエなど専門舞台がバンバンある巨大施設で、常に何かしらすごい舞台が開催されています。



今日はそのセンター内の「DAVID H.KOCH THEATER」という劇場へ。
NCM_2750.jpg
外観も劇場内の創りも、お客様までもがオサレです。。。



先日奇跡的にチケットを入手した、「The Green Table」の公演。。。
昨夜は興奮して眠れませんでした。
NCM_2754.jpg
もちろん、演目は楽しみですが、、、ミラクルで取れた席は、最前列のど真ん中。。。
オーケストラ席って言うくらいだから、本当にオーケストラが丸見えの席で、写真の下のほうにちょろっと見えるのは今日の演目を生演奏する弦楽団。この人たちも演目ごとに指揮者・演奏者共に入れ変わります。
NCM_2753.jpg
ちょっとこの写真だと分かりづらいかもしれませんが、
客席最前列から見るステージは自分の席より少し目線が上の位置、でもってステージと客席最前列の間のスペース地下にオーケストラ。ですから、この黄色いカーテンが緞帳になります。



てか、なんでこんな席が空いてたんだろう???




後ろを振り返るとこんな感じ
NCM_2755.jpg
開演前から興奮がとまりません。。。




今回の公演は、アメリカンバレエシアターによる3部作で、
いづれもバレエ舞台なのですが、近代の振付家によるネオクラシックとストーリー仕立ての創作バレエと、世界に名を残す巨匠の作品という何とも贅沢な公演。

無論、オーケストラ席最前列のチケットなんて、逆の意味で破格値であるものの、私は払ってでも見る価値はあったと思う。そんな風に感動した舞台って、今までいくつあっただろうか???ネオクラシックも創作バレエもプリシンバルダンサーのみで構成される超贅沢メンバーでの作品だったが、作品の構成自体も圧巻でどのダンサーの個性もぶつかり合うことなく存分に発揮された内容で、お目当ての演目が始まる前の2作品で既に心が晴れ渡るような清々しさと感動で襲われていた。。。


「The Green Table」は生演奏のピアノ連弾も素晴らしく、振付も衣装もライティングもオリジナルに忠実で、何と言っても、バレエダンサーの演者っぷりが凄かった!!!一箇所だけキャラクターの衣装の違いが気になったが(資料館で画面に穴が開くほどオリジナルを何度も見ているのですんません・・・苦笑)
3部作通していえることは、やっぱり巨匠の作品は世界中で上演され、今も尚オリジナルが大切に引き継がれている素晴らしい作品で、近代の振付家達がそれを追うように次々と新作を作り出す。古典やベーシックは大切にしながらも身体的にも作品的にも新しいものを求めていく、、バレエって本当に素晴らしい。



そんな中、たかだか「The Green Table」フリークの私が間を割って入って、
こういう世に残る作品を作りたい!だの、
ピナバウシュになりたい(?)!だの、
全く持っておこがましい話ですが、、、今日はっきり分かりました、これだけは断言できます。





言うのはタダ(爆笑)。




夢や目標は自由だぜぃ☆ろけんろ~!!!
ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ~っ!!!!!!!!!!






我輩はアホである
名前はけんけん
…苦笑。






スキップとツーステップを組み合わせルンルン状態で劇場を後に。。。(笑)





地下鉄に乗って「Jamaica Performing Arts Center」へ。
コートニーがゼネラルマネージャーを務めるこの施設。今回の大きな旅の目的の一つでもあります。




(其の弐) へ続く。。。


10月30日 はれ …だけど寒い!!!

今日の昼間はアパートでのんびり。。。





死んだかのように、すんご~く寝ました(笑)。
一昔前のように、「ニューヨークにいられる時間は限られているから!!!」とか言って予定はとにかくギッシリ、空き時間はひたすらダンスのレッスンを受け続けて追い込み、そして体調を崩す…(苦笑)。そんなパターンを繰り返さなくなったのはいつからだろうか???

疲れたら睡眠をとり、踊りたい時に踊って、食べたい時に食べたいものを食べる。
ここぞと言う時は頭を使い、ピラティスで心と身体を調整。




まぁ、普段の日本での激務を考えたら、海外に来た時くらいこうなっても、何ら不思議はないか。。。




とは言っても、日本での激務・・・ここ近年は、時間の使い方、特に仕事(スタジオ)と仕事以外のダンスの活動、そしてプライベートとの区切りや時間の使い方は、10年の年月を経てだいぶ上手になってきたような気もする。
今でこそ言える事だが、、、あの余裕のない常にガス欠の状態で、道なのかどうかも分からない所を走り抜けてきた時代の自分がちょっといとおしかったり。。。てか、あんた不器用すぎでしょ(苦笑)。




そんなこんなで、
起床後は、前々からチェキラッチョしていた、オフ・ブロードウェイの「Fuerza Bruta」という、ミュージカル?新感覚のアトラクション型舞台?今ちょっと話題のヤツのチケットをインターネットでゲット!!!
コーヒーを飲みながら、渡米前に梨央さんと打合せて来た「お寺公演」の構想をを練ってまとめ。
それから、明日開催されるVISSI主催のイベント(日本公演に向けてのプレゼン的パーティー)の準備をし、シャワーして部屋を出ました。






ゆかりちゃんと待ち合わせて、パーティーグッズのお店へ。
ハロウィン前日ともあり、入店前から大行列!
NCM_2729.jpg
すっごいハード系のお店!!!中ではコスチュームの販売以外に本格的な特殊メイクのコーナーもあるらしく、店の中からはゾンビメークを施した人が次々と出てきます。明日までどうやって過ごすのかしら???お夕飯とか普通に食べるんだよね(笑)。



ゆかりちゃんと私はその隣のお店へ。
NCM_2730.jpg
明日のパーティーは、なんと!ドレスコードが「仮面舞踏会」。
仮装というよりはドレスアップな感じ&マスク着用!ということだったので、仮面舞踏会的マスクを調達。



わたくし今回、日本から用意してきた召し物があるのですが、、、
それに合う仮面舞踏会的マスクってあるのかなぁ…と、最初は少々不安だったのですが、
NCM_2731.jpg
広大な店内に、マスクのエリアだけでもありえない品揃え!!!
そして、一目惚れマスク即決(笑)。



なんだかんだレジでお会計するまでの道のりが長くて(苦笑)。。。
お腹がすいたので、腹ごしらえにタイ料理レストランへ。
NCM_2735.jpg
BARも併設している今風のオシャンティーなカジュアルレストラン。




ここは、2~3回来ているお店で、、、
NCM_2734.jpg
いつものレモンチキンヌードル。
パクチー&レモンの組み合わせにすっかりハマっています。。。




それから、香草類の具沢山ソースがたっぷりかかったダプリング(ギョウザ)
NCM_2733.jpg
ちょっと見えにくいですが、、、
ソースは日本のテリヤキにちょっと似た甘い感じ。香草がいっぱい入っているから、テリヤキとはまた一味違うのですが、ぷりぷりの水餃子に良く合います。





今日も美味しくいただきました。。。







腹ごしらえの後は、、、





レストラン近くのオーガニックスーパーのイートインスペースにて打ち合わせ。
明日のイベントの件と、12月のお寺公演やワークショップの件、



それから、来年7月の海外交流プロジェクトについて、
明日のイベントが終わったら、コートニー氏を交えて本格的な打ち合わせを予定しているので、そこで話し合う詳細や内容のピックアップ。




何だか面白いことになりそう!!!




もちろん、初めての挑戦には不安や想定外のハプニングはツキモノだけど、、
そんなの関係ね~!!! ←古いか(苦笑)。

コートニーとゆかりちゃん、KDFのみんなと一緒なら絶対、絶対大丈夫!!!
漏れなく交渉、くまなく話し合い、そつなく超~段取りします!!!

ダンドラーけんけん!(←めっちゃ造語…)
顔晴りますっ♪
プロジェクトに携わるみなさんと、けんけん被害者の会(苦笑)の誰もが、「やって良かった」「参加して良かった」ってなるように最善の努力を尽くしたいと思います。





ディスプレイ?いや、誰かの忘れ物か?
NCM_2736.jpg
本物をくりぬいて作られたカボチャが、、、
ずっとこっち見てました。。。







さて、明日はいよいよパーティーです!!!
ニューヨークのハロウィンは初めて。。。色んな意味ですごいことになりそう(汗)。
NCM_2737.jpg
↑一目惚れのヤツ(笑)。





いざ出陣です!!!



10月29日 はれ

今日は朝から大事件!!! (たぶん、私に限りのことですが。。。)


時差ぼけで変な時間に眠くなったり夜中まで眼がキンキン冴えまくったりでえらいこっちゃになっていたそんな最中、、、
私の大先輩であり無二の友であるゆきさんからメールが。。。


「THE GREEN TABLE」(ダンスの舞台)の再演が生で観られるよ!チケットを早くゲットするのだ!!! と。


この「THE GREEN TABLE」とは、Kurt Jooss(クルト・ヨース)振付による60年以上前に作られた作品。私が初めてこの作品を観たのは、リンカーンライブラリーのパフォーミング・アーツ資料館に保存されているフィルムだった。
私が資料館で勉強をし始めた12~13年ほど前、ゆきさんが「ともちゃん、絶対にこの作品好きだから観て!」と教えてくれたおかげで出会えた作品。だからこそ思い入れも強く、なにせ作品自体が凄すぎて、初めて目にした時の衝撃と感動は今でもはっきり覚えている。そういえば、当時資料館に勉強しに来ていた多くの舞踊大学の学生達が、ブラウン管にしがみついて発狂しそうな私を一瞬冷ややかな目で見たものの、それが「THE GREEN TABLE」だと分かると、「だよね~!!!」的な共感の空気に変わったという、そんなこともあったなぁ。。。


小さいピース(小作品)をいくつも連ねたイブニングレングス(40分以上の長編作品)をつくりたい!世に残る大作を創りたい!このような作品を作れるようになりた~い!!!


自分に、踊りのセンスも才能もなく、身体的環境にも恵まれていないのはとっくの昔に分かってはいましたが(苦笑)、少々オーバーに聞こえるかもしれませんが、そんな私が、どうにかこの人生を、踊りに携わって生きてはいけないものか…、と考えるきっかけになった作品で、一生勉強し続けることが出来る目標を手に入れたような気持ちになったことは間違いないんです。私がいつの間にかKDFで「サスペンス担当」になってしまったのは、まさしくこの作品がきっかけなんです。
gtscene3ro.jpg
作品自体は、この作品が作られた当時の社会的時代背景の風刺を舞踊化した作品。



そんなこんなで、この作品の構成などについて研究論文などを発表している文献や書物を読み漁り、この私はどこから勉強したらいいのか、なまじその途方に暮れている感を満喫しつつ紆余曲折今日にいたるのですが、



まさか、その作品が生で観られるなんて!
しかもたった2日間しかない再演の最終日。。。
日にちも曜日も時間もピッタリ!他の予定とかぶってない!しかも、残っていたオーケストラ席は、最前列ど真ん中にたった1席だけ!!!ふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ~っ☆
おーまいが~っ!神様仏様!!!これはもう絶対に観る運命だったに違いない!!!
(※ハイテンション注意!)



…という朝を過ごしておりました。少々取り乱しました、すんません(苦笑)。




その後、意気揚々とアパートを出て、、、
NCM_2718.jpg
私のトレーナー達がいるMovement Salonへ。



いつものことですが、、、
NCM_1875.jpg
キャデラックに

リフォーマー
NCM_1874.jpg
渡米一発目のセッションはキツいっす。。。


ですが、KDFのピラティスクラスのみんなにレクチャーするヒントはいつもここが出所なんです。みんなが「レッスンに来ると身体が楽になるよ…」と言ってくれるのと同じように、私もここに来てゆう子先生やダニエル先生のセッションを受けると本当に身体も気持ちも楽になります。

ただ、体力的、筋トレ的にメニュー自体が少々ハードでキツいので、、
全身筋肉痛と引き換えに骨の髄まで引き伸ばされる気持ちよさを選択しているような感じです(笑)。


このMovement Salonでは、早朝からセッションがあるので本当に便利!!!
帰国まで時間の許す限りお世話になりつつ「朝活」と「寝活」しようと思います♪






ピラティスの後は、ゆきさんと待ち合わせてお食事へ!!!
もう、朝からあんな大事件勃発だったから、それはもう早く会いたくて仕方がなかったのですが、、、まぁまぁ、とりあえずは先に腹ごしらえを。と言うことで、地下鉄に乗ってアッパーイースト地区へ。



毎回恒例の「今回はどこの国ご飯かな?」食の話のネタには持って来い!シリーズ(笑)。
今回はなんと!「ビルマ料理」 って、相変わらずマニアックです。。。




さて、ここからはお料理の紹介♪


まずは、ビルマビール。
意外にもコクがあって美味しい!このビールは少し日本のビールに近い感じでとっても飲みやすかったです。
NCM_2719.jpg
そして、前菜のお茶っ葉のサラダ!?
(今回のビルマチョイスは、静岡を意識してのことらしい…笑)
このお茶っ葉サラダは、トマト・人参・キャベツに結構大量のお茶の葉。そこにピーナッツ・レンティル(豆)・乾燥エビが加わり、少し酸味の効いたドレッシングでいただく。
てか、味も食感も間違いなくハマります。。。
もしこれが居酒屋のお通しで出てきたら、、、おかわりしちゃうくらい嬉しいね♪



続きまして、
ビルマのヌードルスープ「モヒンガ」
NCM_2720.jpg
大きなボウルにスープと麺、別皿にはトッピングのフライドオニオンとゆで卵、パクチーにレンティル。


こんな感じで小さいボールに取り分け、トッピングを乗せてレモンを絞りいただきます。
NCM_2724.jpg
麺は米粉の麺、スープはなんと!ナマズから出汁をとったスープらしい。。。
てか、スープは全然魚臭くないし、米粉の麺もあっさりしていて超~軽い♪でもって、お茶の葉サラダにも入っていたレンティルは、大麦くらいのサイズの小粒な豆で、とにかく歯ごたえがたまらない!!!パクチーとレモンが味の決め手となっていて、日本風に言えば「食べるスープ」的感覚ですかね。



最後にメインのビルマカレー!!!
お肉のチョイスはビーフ。思わず角煮かよっ!と突っ込みを入れたくなるような日本ではありえないサイズの肉が、これでもかっくらいゴロゴロ入ってます!!!
NCM_2721.jpg
具は、やわらか~く煮込まれたそのゴロゴロのお肉たちと大胆にカットされたポテト。タイ米に近いサラッとした細長いご飯にかけていただきます。超~絶品☆☆☆星三つ!←堺正章風(笑)。味的にはカレーというよりか「かなりスパイシーなビーフシチュー」といった感じかな。







今日も美味しく頂きました。。。







食後は、恒例のともこ祭り(発表会)報告、ビジネス報告に創作目標声明、星の動き連絡会議。。。



まずは発表会DVD&パンフレット贈呈式(笑)。
NCM_2726.jpg
普通の女子的に言えば、「スタバでお茶しよ~♪」なのですが、、、
あたしたち二人の「お茶」は、話の内容も素のオタクっぷりも最強に強烈です(笑)。







ニューヨークの街中はスタバも深夜まで営業。。。
いい感じに夜は更けてゆきました。




10月28日(NY時間) 雨

毎度毎度、計画的にコツコツと貯めたマイレージやら色々なポイントの裏技を駆使しまくってゲットしているJALの航空券、、今回は燃油サーチャージまでもがタダ!!タダですタダ!!!(ハイテンション気味)
貧乏人ダンサーはアイデア勝負です(笑)。


そんなタダの飛行機、、、
JALはここ数年、座席シートに始まり、機内食から映画・テレビ、サービス、おもてなしまで全て、めちゃくちゃ質がグレードアップしてます!!!タダで乗ってるのが申し訳ないくらいです(苦笑)。
先行上映している映画が沢山あるにもかかわらず、相変わらず大好きな「相棒」を鑑賞するのはこの旅の定番!でもって、今回はドクターX全編も上映していたので、ワインを存分飲みながら「失敗しませんから!」が洗脳されそうになるほど見まくって




あっという間にニューヨークJFK空港に到着。。。




今回もほんのつかの間の空の旅でした...
(一応、12時間かかるんですけどね~苦笑)






チェックインまで結構時間に余裕があったので、今回はアパートまでタクシーを使うのはやめて、、、
NCM_2693.jpg
初めてJFK-TRAIN と地下鉄を乗り継いでマンハッタンへ向かってみました。




思ったより時間がかからないのと、なんといっても安いのにビックリ!!!こりゃぁいい♪
アパートの場所もわかってるし荷物も少ないので、地下鉄も全然余裕!
NCM_2694.jpg
いつものアパートに無事に到着。
シンプルな部屋ですが、住めば都です~




そして部屋でくつろぎながら、友達やどうしても合いたい先輩や先生方にメール。
今回も超~弾丸、しかも目的が決まっている旅なので、時間が足りません(涙)。なんとしてでもうまくスケジュール組まないと!!!



予定を聞きつつ作戦を立て、ネット環境あれこれ色々チェックした後、アパートを後に。
NCM_2715.jpg
ゆかりちゃんと合流、VISSI DANCE THEATER のリハーサル会場へ行きました。




今回の旅の目的の一つである、10月31日に行われるパーティー、VISSIが来年の日本公演に向けてのプレゼンも兼ねたイベントで、私も参加させてもらうことになってます。
NCM_2706.jpg
いつもなら、ゆかりちゃんやコートニーに誘われるがまま私も練習に放り込まれ参加するのですが(笑)、今回はイベント直前なので、今日は邪魔にならないように大人しく見学♪



リハーサル後、VISSIのメンバーさんに一通り挨拶をしようとしていたら、、
コートニーが来日した際のKDFでのワークショップ情報はもう既にゆかりちゃんから回っていて、私が何を説明しなくともみんな熟知している様子。。。みんな「KIDS達、すごくキュートだね~!!!」って声をかけてくれて。
ホント嬉しかった(涙)。


来日公演の際の資料やフライヤーデザインなど紙媒体を担当してくださるヒロさん。
NCM_2696.jpg
今日はフライヤーの素材集めに撮影に来られていて、ようやくご挨拶ができました!



とりあえずは、10月31日のイベントが成功しますように。。。
NCM_2713.jpg
私も精一杯お手伝いしたいと思います!!!




さて、今夜は時差ぼけとの戦いとなることでしょう(苦笑)。




10月28日(日本時間) はれ

パッキングも慣れたものだ。。。


昨夜は普通にレッスン。
みんなと名残惜しい時間を過ごした後、お風呂入って、ご飯食べて、ブログして、仮眠して、、、

家を出る1時間くらい前にサクサクッと旅の支度。
スーツケースに詰め詰めしていたのは賞味30~40分ってところかしら。

最近の私のパッキングの早さと荷物の少なさと言ったら...もう自画自賛!!ウットリですわ(笑)。



今回は午前中の便なので、朝早かったですが、、
NCM_2692.jpg
今日もいいお天気!!!
この命に感謝です。。。




さて、いよいよNYへ向かって


飛びます!飛びますっ!




けんけん徒然日記 NY 2015

さて、今年も始まりました、けんけん徒然日記、、2014年年末のニューヨークぶりです(汗)。


2014年年始から今日までのこの約10ヶ月間、もう5年分くらい活動したんじゃないか??そんなめまぐるしくも充実した2015年を送ってこれたのも、ちょっとした目標が定まってからだということは自分でも解ってる。私のやる気というか、勢いというか、モチベーション自体が、私自身がテンションあげて頑張らなくても勝手に上がっているのが自分自身感じるわけで。。
 



思い起こせば、
2014年年末のスタジオでのクリスマスコンサートからの2015年年始のB-WORLDでのルーファス・ワンナイトショウと、シリーズモノで2本踊ったショウは、そう言われれば久々の相方の梨央さんと二人で30分モノのボリューム大なショウだった。
1422179697843.jpg 1422188235160.jpg



年始からは、TEEN'Sクラスあーちゃんの「リベンジしたい」から始まったコンテスト。
前年度は本人いわく気持ちも技術も心がけも全然足りず、その現実にチームみんながズタズタになったらしく、、それでも、そこでやめたり逃げたり言い訳したりせずに、私に「リベンジしたい」って気持ちを伝えてくれたことから始まった。一つ世代がしたの小学生達とあーちゃん達で何とか予選を通過し、中高生のお姉さん達も構成に盛り込んで挑んだ本戦、結果は残念で、みんな悔しくて泣いていたけれど、天狗になって結果だけに満足してしまうことがなかったのは逆に良かったし、課題が丸裸になったことで士気も上がり、反省会はこの上ないみんなの意見が聞けた。

1426396538024.jpg

ようは、日々の積み重ね、質のいい練習をし、やりきって出し切らないと、思うような結果は簡単には出ないということだ。ハリボテの上っ面な振付どおりに動いているだけのものや、地道な練習を積んでいる・積んでいないなんて、見る人が見れば一発で解ってしまうもの。そのために私がずっとこだわっている基礎練の大切さが、何を言わなくとも伝わった手ごたえはあった。






そこからのコートニー・ワークショップ。
NCM_2317.jpg
NCM_2294.jpg

ゆかりちゃんがNYで活動の拠点としてる「VISSI DANCE THEATER」とKDFとの絡みは、かれこれ4年前から話が上がっていたが、前回のVISSIの来日の際は、私がちょうどエジンバラで芸術祭に参加していた時期だったためにタイミングが合わず、以降幾度となくチャンスは伺っていたものの夢や目標に留まるのみだった。
しかし、今年はタイミングよく、ゆかりちゃんのちょっと長めの一時帰国があったおかげで、コートニー・ワークショップの企画を立てたり、実際のKDFをじっくり見てもらいながら、来日公演のプロジェクトについてもじっくり話し合うことができた。
NCM_2400.jpg
結果、私はめちゃくちゃツイてる人間で、神は常に味方してくれているのである(持論・・・笑)





その間、私は都内へ観劇のみならず、コンテンポラリーや舞踏のワークショップに足繁く通い、作品に触れショウに出演するチャンスも頂いたりした。
small.jpg
1430922191444.jpg
とても充実した学びの時間だった。。。









そこからの夏祭り、BBQ、
FB_IMG_1438615898746.jpg
NCM_2540.jpg
なかなか日本にいなかった夏を超~満喫し、






梨央さんとは常に綿密なスケジュールの計画、遂行、そして二人の演目の稽古は、幾度となくミラクルな瞬間と遭遇した。
1445329807674.jpg






からの、久しぶりの地元島田で開催した発表会。思いのほか回りからの評価が高かった。
1445329875335.jpg
伊與田家大集結!!!


「思いのほか」というのは、いつもの「公演部門」の製作の苦しみはもちろん、前年度までの文化財団提携事業であり県や教育委員会の後援のもとで行うプレッシャーもナシ、地元の舞台で純粋に生徒のための発表会にしたことで肩の荷は微塵も感じなかった。まぁ、その何だか変に余裕ありすぎなのが怖い気もしたが、生徒たちとはいつになくじっくり練習できたし、私の考え方やダンスに関しての価値観もみんなに知ってもらえるいい機会になった。細かい段取りや作業も今までになく計画通りに難なくこなせたし、そんなこんなで、発表会は来年のプロジェクトに向けてのホップ・ステップでしかない気すらしていたものの、結果、その余裕が全体を客観視し第三者的に見渡せたことにも繋がったような気がする。

NCM_2643.jpg

私の手腕や価値観云々ではなく、みんなにとっていい経験となり、充実した時間となったことが発表会が成功した理由なのだ。それが本番みんなの踊りににじみ出ていたのである。



ま、KDFの匠(講師陣)の腕という説もありますけど(自画自賛…笑)。
1445329989367.jpg






そこからの翌週、しまだ大井川マラソンのハーフ地点でのダンスショウタイム。。。
私が「島田市のおもてなしにぜひ協力して欲しい・・・」とみんなに懇願はしたものの、、、
NCM_2658.jpg
発表会の疲れも取りきれてない翌週によくもまぁこんなに人が集まったものだ(笑)。






長くなりましたが、、
そんな濃ゆい2015年スタートからの「けんけんNY徒然日記」。


出掛けに
発表会の打ち上げでもらった、生徒からのお手紙・メッセージに眼を通す。。。
発表会直後は何かと感動しまくるから時間を置いてから読もっと。的にこの日まで読まずに取って置いたが、、、

NCM_2685.jpg

NCM_2686.jpg

結局、ジーンとしてしまったという(苦笑)。



我輩は幸せである。
名前はけんけん、、、




行って来まーす。。。



旅の終わりに

今頃はきっと機内でしょうか。
今回とっても超弾丸なってしまいましたが、より一層こゆい旅となりました。



色々な縁・運にめぐり合い、人の温かさをより一層感じた旅でした。
みんな大好きです。。。



ニューヨークで知り合えた友人知人も、もちろん、日本の仲間達、生徒達、生きていくうえで繋がっている人みんな。。。


私の中でのこの旅のお題は、「点と線」
と言いたいところですが、松本清張の推理小説は舞台のテーマにはちょっと難しいので(笑)
少し頭におきつつもそれは離れに置いといて、、、



「Again」 … 原点回帰




新たな出発のために、今一度原点に戻る作業を心がけようと思います。




さて、2014年も残りわずかですが、みなさんどうか良いお年を。
2015年もぶっ飛ばして参ります!!!




どうか、今後ともよろしくお願いいたします。




12月30日 たぶん晴れ?

昨夜は、Vissi のみんなとバイバイし、家路に着いたのはもう1時回ってましたので、、、
寝過ごしちゃうと怖いから、、、今夜は徹夜です(苦笑)。



シャワーして、ずっとパッキングしてました。



っていうか、
夏のエジンバラ一ヶ月公演の旅を、機内用の手荷物一つで済ませたものだから、ちょっと旅慣れしてる風をカマそうと、かっこつけて小さいスーツケースで来ちゃったのがそもそもの間違い!!!
案の定、悪戦苦闘(苦笑)。。。



そんな苦戦中の私を横で、
NCM_1911.jpg
ゆかりちゃんがラーメンを作ってくれました(涙)。






さてさて、
NCM_1913.jpg
もうすぐ帰ります。


12月29日 はれ

今日は朝はのんびり過ごし、お昼からのピラティスマシンクラスを受けました。


今まで3日も連続でセッションを受けたことはなかったですが、、、
体調はメチャクチャ良好であります!!!


とは言っても、ゆう子先生のレッスンはアプローチが毎回違うので、いつも使わない筋肉が呼び覚まされます。今日は特にウエストをツイストするエクササイズが半端なくキツかった。。。




ゆう子先生に名残惜しく最後の挨拶をし、そして腹筋絞られてヒーヒーしつつ(笑)、




地下鉄でダウンタウンにあるダンススタジオへ向かいました。
NCM_1885.jpg
「Gibney Dance」という大きなダンススクールで、Danielがコンテンポラリー(フロア・スイミング)のレッスンを持っているとのことで。。



Daniel先生、大人気!生徒もたくさん超~カリスマ先生です。
NCM_1890.jpg
私、、Daniel先生とはマンツーマンでの振付や個人レッスン、プライベートセッションしかしたことないから。。。
沢山の生徒に囲まれて俗に言う「レッスン」をしている姿が新鮮で、、、
ちょっと可笑しな発言ですが、なんかメチャクチャ格好良くて惚れ惚れしちゃった(笑)。



レッスンの内容は、2010年に「新・竹取物語」の舞台で来日した際にKDFでも開催してくれたワークショップが更にグレードアップされている感じでした。


脱力と滑らかな重心移動をメインに、ダンサーには必要不可欠な身体の軸を作ってゆきます。動きそのものはアクロバティックだったり、踊っているようにも見えますが、ピラティスの要素がふんだんに取り込まれています。


なので、Danielは常に enjoy! enjoy! と言いますが、脱力するための頑張りが結構必要なので(笑)、もうみんな汗びっしょりでした。そんな中でも自分はシレっとやってのけて、私には昔と変わらず冗談ばかり言ってきて笑わせながら、



なんだかんだみっちり2時間です!2時間!




今日のピラティスのマシンクラスからのこのレッスンはキツかった~!!!
この全身を使って踊った感じ、久々です。
NCM_1887.jpg
そう、今日は2010年の来日した際に島田大祭で購入したシャツをご愛用されていました。
私はダニエルTシャツ、Danielは島田大祭シャツ。しかもここNYだし。。変なの!!!(爆笑)



レッスン後、Danielと生徒さんたちと一緒にカフェでコーヒーを飲みつつ、名残惜しい時間を過ごしました。Danielが生徒さん達に「新・竹取物語」の話やKDFについて説明しながら一生懸命私のことを紹介してくれるから、、、


当時のことをすごく思い出しました。


あの時よりは成長できているはず、一瞬そんなことを思ったりしました。
ダンスも表現も創作も、もうひと皮剥けたいものです。


一生、勉強ですね。。。





カフェを出てみんなとバイバイし、次の待ち合わせ場所へ。




今夜は、ゆかりちゃんの所属するダンスカンパニー「VISSI DANCE THEATRE 」の幹部が集結!
あたくしめのウェルカムの会(もう明日帰国するんですけど…苦笑)兼、忘年会兼、団員さんのお誕生会にお呼ばれしました。この旅最後の晩餐は、アッパーウエスト地区にある焼き鳥専門の居酒屋さん。


団員のみなさんホント親日家で、日本食や日本のお酒が大好きです。
NCM_1902.jpg
私はいつもの感じでアン肝と漬けマグロ、厚切り牛タンを注文、
あ、ボンジリとせせりは売り切れだって。。
っておい!ここニューヨークっすけど???(笑)


日本人が経営する大繁盛の超~人気店、さすがメニューも違います!!!
居心地良すぎて、一瞬どこにいるかわからなくなっちゃいますね(苦笑)。



そして、団員のアリエルさんが明日お誕生日ということで
NCM_1909.jpg
お誕生日のサプライズです~!




私が毎回こうして渡米するたびに、ゆかりちゃんをはじめボスのコートニー、団員のみなさんみんながとっても親切にして下さいます。パーティーやクラブに誘ってくれたりするだけでなく、舞台稽古に参加させてもらったり、練習に混ぜてもらったり、普通の観光だったら絶対に垣間見れない景色を私は毎回見ることが出来ます。
NCM_1905.jpg
今回も心から感謝です(涙)。




少し時間はかかるかもしれませんが、私が見て学んできたことをどうにか地元の子供たちに伝え海外の風を感じるべく海外交流の架け橋を、、、そして私自身の活動の質を高め、幅を広げたい…



色々なアイデアを捻り出して、点と点を線で繋げていこうと思います。。。





さて、今からパッキングします!














12月28日 雨のちくもり

今日も朝一番でMovement Salonへ、ゆう子先生のマシンクラスを受けに行きました。




昨日のセッションとはマシンの順番もエクササイズも全く違う内容でした。
NCM_1873.jpg
昨日のセッションから一日経っても身体の筋肉痛は特になく(数日遅れで来るのか…?)むしろニューヨークに来てからというもの日本では考えられないくらいの距離を一日で歩くため足の疲労度は半端ないはずなのに、、身体は至って健康そのものなのである。本当に環境ってすごい!!



気分的なものもあるかも知れないけれど、ピラティスが身体に与える爽快感は間違いなく間違いない訳で(笑)。



今日のセッションも「キャデラック」と「リフォーマー」と呼ばれる2種類のマシンを使ったセッションで、私はこのMovement Salonと出会ってからずっとこのレッスンを受けています。



「キャデラック」は、全身を引き伸ばす動きが中心のマシンで、マットクラスに出てくるエクササイズをより解りやすく誘導してくれる効果もあります。
NCM_1875.jpg
使い方も様々で、このベットのような台に付属している様々なオプション的装置でなんともまぁ色々な動きが出来るわけであります。



そう、昨年の3月11日に開催された「キャンドルナイト」で「死者と生存者の対話」をテーマに演目を作った際、会場にそびえたつ木々にロープをセットし木の上から降り宙吊りでの演舞を行ったのですが、、
その宙吊り演舞のトレーニングはこのキャデラックで行いました。写真に赤と青のロープが括り付いてますが、最初は鉄パイプを安全バー代わりに捕まりながら少しずつ宙吊りや回転・揺れに慣れながら、色々なポーズや体位を研究してゆきました。



そんな、万能マシンなのであります。。。




そして「リフォーマー」は、身体を引き伸ばすキャデラックとは反対に、インナー筋肉の運動・禁持久力の強化を目的とした動きが多いです。
NCM_1874.jpg
新種の筋トレマシンとでも言いましょうか。




私がKDFでピラティスマットクラスを教え初めて早や7年。
6年7年選手の生徒さんも増えてきました。おかげさまでここのところのピラティスは会員さんも増えて、その良さを知ってもらうために地道に続けてきた甲斐がありました(涙)。しかしながら、様々な生徒さん達にこれからも快くレッスンを受けてもらうために次なるステップに踏み出したいと少し前から考えるようになりました。クラス増設はもちろん、期間限定の早朝ピラティス、公園ピラティスなどの屋外レクも来年は考えています。


なのですが、人が増えれば身体の大きさ、健康状態、年齢・性別も様々な人が集まってくるわけで、私はずっとずっとその人に合ったレベルでその人のニーズに応えるピラティスがしたい…、自分自身の身体のメンテナンスも含めて、長年続けてきた人やもう少し筋力運動を多く取り入れたい人のために、KDFにマシンクラスがあればもう一つ上のアプローチができるのではないか、そんなことを常々思っておりまして。


ま、単刀直入に言えば、マシンが欲しいと言うことと、マシンで人の身体を誘導してあげられる技術が欲しい、、、ま、言うなれば免許をとるための勉強をしたいと言うことなのですが、
人に勧めるために自分の身体を人体実験しているのか、人体実験が成功したから人に勧めたいのか、どちらが先かはよく分かりませんが、どちらにしても私の気持ちはマシンに靡いているのであります。。。




私のマスタートレーナーのDanielは常に、身体を動かすアイデアは沢山あるからマシンなんて必要ないよ!と言います。




でも今日ばかりは、ゆうこ先生と一緒に私のピラティスマシンの免許に関して相談に乗ってくれました。。
NCM_1878.jpg
「僕達はチームだから。」いつもそう言って、色々なアイデアを出し出来る限りのサポートをしてくれます。




本当にありがたいです。。。
今後の道に繋がるように、ちゃんと計画を立てて進めて行きたいと思います。





Don't think, feel...

12月27日 はれ

今日は、Yさんとのランチの約束をしてました。(Yさん続きで面倒なので、ここからは実名で...笑)
朝早くからソワソワ。。。




もうここ10年来のお付き合いになるゆきさんは、私に舞台製作の礎や勉強の仕方、知識からアイデアまでを一から教えてくれた無二の友というか先輩。。



今回は、昨年末に開催された「石の花」のフィードバックをもらいたくてDVDを持っていきました。
NCM_1690.jpg
年明けにニューヨークに来た際は、まだDVDが出来上がっていなかったので。
舞台から一年が経ち色々な経験を積みましたが、、
改めて見ると当時の思い出が一瞬でよみがえります。。。





と、その前に、、、
今日はピラティスのマシンセッションの予約が取れたので、ゆきさんとのランチの前にひと汗かいてきました。
NCM_1822.jpg
骨のひとうひとつが伸ばされるようなすっきり爽快感。。。
身体の心から温まり、有酸素運動じゃ出ない汗がじんわりでてきます。てか、久々のマシンクラス、いつもなら筋肉痛はきっと間違いないのですが、例年のようなキツさがなったくなかったのは気のせいか?




心も身体もルンルンです(笑)。
NCM_1823.jpg
青空の下、マーケットで賑わうユニオンスクエアガーデンを横目に、待ち合わせ場所へ向かいました。







さてさて、ここから本題。
いつものごとく、ゆきさんには毎回恒例の「ブログに面白い食べ物をアップしたいから、誰も食べたことない料理が食べたい!」という無茶振りのリクエスト。


でもこの人、絶対に裏切りません(爆笑)。




ということで、今回はなんと!エチオピア料理!!!
NCM_1846.jpg
待ち合わせ場所からバスに乗ること20分、アッパーウエスト地区のお店に到着。






手始めにお酒。。
NCM_1841.jpg
もろ蜂蜜の香りと味のする「ハニーワイン」に、エチオピアの地ビール「アンバー・ビール」
どちらも美味しくて超~飲みやすい!!!






そして、ミートスペシャルランチ。
NCM_1844.jpg
大きなプレートに、牛肉・鶏肉・ラム肉の煮物、豆の煮物、それからケールの炒め物と、ジャガイモ・にんじん・キャベツの煮物がずらり並べられています。



この巻物は、インジェラというクレープ状の主食。
NCM_1843.jpg
「テフ」という世界一小さな穀物から作られているとのこと。そのテフの大きさは小麦の約100分の一。それを粉にして発酵させて作るため、少し酸味がかった特徴的な味のする主食。



それを少しずつ千切ってこんな風に肉や豆の煮物を乗せて手づかみで食べます。
NCM_1845.jpg
少し主張の強いインジェラも、具を乗せて一緒にたべるとめっちゃウマイ!あうあう!
ビールとの相性も最高♪





昼から贅沢すぎますた。。。










そして、食後はいつものコース。
コーヒーショップで私の今後の舞台制作活動の作戦。
今回もいっぱいヒント頂きました。


いくわよ~!
やるわよ~!


って感じです(笑)。
いくつもの点と線が繋がった瞬間でした。




ゆきさんと名残惜しくバイバイしたあと、足りない服の調達をし一旦帰宅。
で、一旦仮眠。







夜は、ゆかりちゃんとダンスカンパニーのボスにクラブイベントに連れて行ってもらいました。
NCM_1856.jpg
車でマンハッタンへ。



酔い酔いでめっちゃ踊りました。
NCM_1866.jpg
ボスのコートニーはいでたちもダンスもメチャクチャかっこいいです。。。



途中、知らない人が乱入
1419838698356.jpg
でも酔ってるからいいや、
仲良く絡みまくってダンス(爆笑)。




誰やねん!!!
1419838706526.jpg






とても楽しい時間でした♪








12月26日 はれ

学校を出て地下鉄に乗り、待ち合わせのイタリアンレストランへ向かいました。





Yさん行きつけのお店、
NCM_1809.jpg
過去にYさんのギグが開催されたお店でもあり、私もここで何度もお食事しました。




今夜は、ニューヨーク在住の音楽プロデューサーと雑誌記者さん、Yさんでの会食だったらしく、、、
飛び入り参加しちゃいましたがみなさん本当に楽しい方達で(涙)




とにかく、まずは乾杯を!私を含めて4人、違うメニューのコース料理を頼んでシェアしながら食べました。
NCM_1810.jpg
ここのお料理はとにかくハンドメイドで、アペタイザーのトマトとモッツァレラチーズは超~美味!
メインは自家製ミートボールのスパゲティー、チーズカツレツ、ボンゴレにサーモンのグリル!!




美味しいワインと共に
どれも美味しゅう頂きました。。。




今日、Yさんに紹介いただいたMさんはニューヨーク在住の雑誌記者さんで、ニューヨークでの流行を雑誌の記事を通じて日本に発信するお仕事をされていて、ピラティス然り日本での流行話に花が咲くと同時に時差も感じたりしました。

そしてもう一人は音楽プロデューサーのHさんもニューヨーク在住で、音楽・演劇、ファッション、ダンス、ポップカルチャーでニューヨーク・アメリカと日本を直結させる活動に力を注いでいるそうで、、
恐れ多くもとても気さくな方で、ニューヨークで私達が活動するに繋がれる何かいい展開はないかと…、私にとっては興味深い極まりない話で終始盛り上がりました。ぜひ一緒に!というお話でしたが、この出会いをきっかけに本当にHさんと一緒に活動できることになったらビックリです(汗)。



KDF講師であり、私の大切な相方であるRさんとも、
何か事あるごとに海外の話をしていまして、、
早々にも実現しちゃうんじゃないか???
私の場合、無きにしも非ずなのが怖いところ(笑)。



常にアンテナを張っていると、引き寄せるものも強いのだと改めて思う今日この頃です。





お食事のあと、店を出てブラジリアン・バーへ。




まずは、ブラジルのお酒を一杯。
NCM_1816.jpg
カイペリーニャという名前のカクテルで、カサーシャというお酒にライムとシュガーが入っています。
つ、強い。。。(苦笑)




そして、Yさん知り合いのピアニストがいるバンドの生演奏!
NCM_1817.jpg
Yさんもボーカルで参戦!!!


ニューヨークではジャズを聞くことの出来る環境は確かに多いですが、ただ単純にフラッと観光に出かけただけでは、それに出会うのはなかなか難しいです。でも、私にはYさんがいるおかげで、ニューヨークに来るたびに色々なライブやギグに連れて行ってもらい、素敵な生演奏をいつも聞けて、それはそれは沢山の情報をもらうことが出来ます。


しかも、Yさんの知り合いのミュージシャンは、とにかく超有名人の一流アーチストばかりなので、、、
いつも度肝を抜かれてしまいます。。。





本当にありがたいことです。







12月26日 はれ

行きの飛行機の中で見たあるドキュメンタリー番組がずっと心に残っておりました。。。


日本でも有名なグラフィックデザイナーが、ル・コルビジュという建築家の歴史などを探訪する旅に出るというもの。

KENKEN DANCE FACTORYのコンテンポラリー講師でもある長谷山さんに、私達の舞台の演出や演技指導に携わって頂くようになってからと言うもの、幾度となく出てくる「建築」・「構造」というフレーズにいつしか過敏に反応するようになっておりました。最近では、建築学だけでなく、写真だって絵だって装飾のデザインも、自分自身のプロデュースも、全て創作に深く関連づいていることに気づかされます。

設計図なしに勘でモノ作りしたり、柱のない作品を作り続けるのもなぁ…
建築とかあまり詳しくないし、とかそんなこと言ってられない自分もいたりして。。。


日々そんなことを思っていたそんなタイミングでのドキュメンタリー番組でしたので、ドキッとしつつかなり前のめりな感じで見てました(笑)。



そのドキュメンタリー番組の内容は、近代建築のさきがけとなった偉大な建築家「ル・コルビジュ」が、全精力を注ぎ晩年過ごした「サボア邸」から、彼の建築学から性格人柄を探ろうと言うもの。

近代建築の5大要素とは、
・柱
・屋上庭園
・自由な平面
・水平連続窓
・自由な立面
「めっちゃ近代っぽい」とかにもその理由がある訳で、、、
ん~、確かにニューヨークの近代的な高層ビルは、その構造として5大要素が当たり前に取り入れられている。それがなぜ近代的な感じがするのかなんて、今まで意識したことがなかった。どの国へ行っても街並みや建物、新しかろうと古かろうとその風景には感動を覚えるくせに、そのものの構造までは考えたことがない。。
NCM_1828.jpg




で、何が言いたいかといえば、見て感じる分には問題ないが、自分がモノ作りを始める際に、自分の表現したい構造をちゃんとわかっていないとダメなわけであって、そんなんじゃ説得力のある舞台にはならないことに薄々気づきだしたこの近年(汗)。



前置きは長くなりましたが、
そんなこんなで、まぁ建築の全部は知りえないにしても、今後のきっかけになれば、何か少しでも理解できることがあれば、、、
NCM_1734.jpg
そんな理由で、急遽予定になかった「MOMA近代美術館」に足を運びました。



当たり前ですが、、、近代建築。
NCM_1733.jpg
巨大な連続水平窓の向こうには広大な庭園が広がっています。



てかさ、
NCM_1736.jpg
近代美術館が近代建築じゃなくてどうすんねん。。。(苦笑)




MOMAは最上階から、



特別展、
NCM_1744.jpg
今回の特別展はマチスでした。
切り絵の特別展だったけど…、
この人、油絵や絵画の時代もあったんだ。。。


それから、
絵画・彫刻①(1880年代~1940年代)、
NCM_1752.jpg



絵画・彫刻②(1940年代~1980年)、
NCM_1759.jpg



建築・デザイン&油絵・写真、
NCM_1774.jpg
NCM_1792.jpg



コンテンポラリーギャラリー(現代美術展)、シアターと、
NCM_1788.jpg
その階ごとに別れております。



せっかく建築をテーマに足を運んだのに、建築の階で建築は理解できず(苦笑)。
光と影、直線と曲線、モノと空間には意識して見てみましたが...、
セオリーも知らないくせに、そんな簡単に解る訳ないか(苦笑)。


で、案の定「絵画」の階でどっぷりハマり、ちょっとミーハーなピカソとゴッホの写メ大会になる始末。。。
※あ、ピカソとゴッホはメチャクチャ写真撮りましたので(私の写メでよければ)欲しい方はこちらまで(笑)




だめだこりゃ(笑)。









その後、MOMA内のカフェで軽く食事を済ませ、ダンススクールへ。








今回はクリスマスシーズンで海外の講師陣がみな帰省しているため、いつもお世話になっている先生には誰とも会えず。とりあえず、久々に知らない先生のコンテンポラリージャズとジャズダンスたるものを2本受けました。


私個人的には、自分の舞台活動を単なるダンスの発表会の枠を超えて演出や演技指導に力を入れたり、今年はその演出や演技指導にあたって頂いている長谷山さん率いる「Lan-T003」の舞台活動に参加させてもらったり、KDF幻の研修クラスと呼ばれている月曜21:00からのコンテンポラリーのレッスンはとてもアツイわけでありまして、



ダンスのレッスン、と呼ばれるキャッチーなクラスは久しぶりというか、いつもお世話になっている先生のクラスではなかったせいもあり、めちゃくちゃ新鮮でした。
これから、こんな感じのライトでクールな感じのレッスンが主流になっていく次代になるのだろうなぁ…なんて思ったりして。私がニューヨークに来たばかりの時代は、普通のレッスンさえも食うか食われるかの攻防戦、殺伐としたポジション争いに切磋琢磨していた、今となっては恐ろしいけれど(笑)鍛えられ自身が強くなれるチャンスがもらえる環境でした。


自分の不甲斐なさに、学校から家まで大人気なく大泣きしながらアパートまで帰ったこともあったから、、、
諦めずに食らい付いて受け続けたレッスンで、先生からほめられた時なんか、
だから何だって訳じゃないけれど、もう本当に嬉しくてわーわー泣いたもんなぁ。。。



私が身の程知らずでそういうレッスンを選択していたと言う説もありますが...(苦笑)。



今では、どんなレベルでもちゃんと万人を受け入れる体制ができているあたり、私の踊りの路線などは置いといて、KDFの方針もかなり近い。いい感じなんじゃない?と思う今日この頃。。。
完全にレッスンの内容や踊りからは外れた感覚でレッスン受けてました(苦笑)。








レッスンのあとは、少しだけ他のクラスを見学して学校を後にしました。






一日のスケジュールとしては、ここまででかなりお腹いいっぱいなのですが、





今夜はブラジシアンジャズシンガーのYさんと待ち合わせ!ちょっと楽しい方との会食だから、ともこさんも一緒にどうですか?とディナーに誘って下さいました。そのあとに、ジャズピアニストのギグに連れて行った下さるとのことで、、、




待ち合わせのイタリアンレストランへ向かいました。





★続く

12月25日 Happy Marry Xmas !!!

飲茶を長時間かけて堪能し店を出ると、もう結構いい時間。。。
腹ごなしに街を散策しながら、せっかくのニューヨークのクリスマスを堪能するべく!ロックフェラーセンター方面へ向かいました。


夕方5時を過ぎると段々と日が落ちて、街の風景はクリスマスイルミネーション一色となります。
NCM_1707.jpg
ツリーのでかさが半端ないです(笑)。


そんな素敵なクリスマスをニューヨークで過ごそうと世界中からカップルや家族が訪れます。
NCM_1710.jpg
私は初めてニューヨークに来てからもう15年以上通い続けていますが、クリスマスをニューヨークで過ごすのは初めてなんです!!!



オフィスビルまでもがクリスマス仕様!(笑)
NCM_1700.jpg
もう、街一体型のイベントと言うより、ある種のディ●●ーランドのような、、、
テーマパーク化しております。。。



普段からどんな時期でも人で賑わい、夜も眠らない街ではありますが、、、
NCM_1729.jpg
この時期の人手は輪をかけてすごいです。。。



ビルを使ってのプロジェクションマッピング!!!
NCM_1720.jpg

NCM_1718.jpg
ニューヨーク・ブロードウェイらしい、ミュージカルの舞台を題材としたショートストーリーが繰り返し上映されます。



街中のオフィスビルもお店の中もとっても明るく、イルミネーションをより一層引き立てておりますが、、、なんと、こんなに明るくても全て休業らしい!!!毎年クリスマスはどこのお店も会社もお休み、やってもお昼まで。


日本で言うお正月のノリなのでしょうね~♪




壮大なイルミネーションに大満喫!でしたが、、
そうこうしているうちにレストランはクローズ、スーパーもどんどん店を閉めていたので、急いで食材を買い込み帰宅。





今夜はYちゃん宅でのんびりホームパーティでした♪






12月25日 はれ

昨夜は空港から家までの途中にあるデリでワインとおつまみを少々調達、部屋着で乾杯。
ニューヨークに着いて早々プロジェクトの話もなんだかなぁ...と思いつつも結局話が朝方まで盛り上がってしまいましたが...、とりあえず今日はクリスマスのことだけを考えて満喫しましょうとのことで就寝(笑)。


いいお天気!
NCM_1691.jpg
バルコニーからの眺めです♪


時差ボケのせいか私は遅い就寝にもかかわらず早朝から眼がキンキンにさえていまして。。。(ま、飛行機で散々寝ましたからねぇ...)午前中は、いつも舞台製作でお世話になっているNY在住の無二の友というか先輩のYさん、いつも仲良くしていただいているシンガーでありピラティスの先生でもあるYさん(てか、みんなYさんじゃん!苦笑)、私のピラティスのマスタートレーナのDaniel、毎度毎度このブログでは常連の諸先輩方達と、サクサク連絡を取りスケジュールを立てました。


今回、こんな弾丸で来ちゃって、、みんなに会えるかな...?
そんな不安もありましたが、

私って、ツイてる、ツイてる♪

ウマい具合に予定がハマり、超~ご満悦★


そそくさと身支度をし、お昼過ぎに家を出ました。




さて、けんけん徒然日記恒例のお食事ブログ!
今回の旅、一発目は中国料理「飲茶」でございます。


ニューヨーク一番と言われているチャイナタウンの飲茶店「ゴールデン・ユニコーン」というお店へ。
NCM_1697.jpg
大人気店です!!



口コミも五つ星★★★★★Aランクのお店ともあり、ビルの入り口はめちゃくちゃ混雑していましたが、
NCM_1694.jpg
番号札を渡されるとそんなに待つこともなく、店の2階へ案内されました。




できたてホカホカの飲茶を乗せたワゴンがテーブルの周りを回り、お客さんが食べたいものを注文するシステム。飲茶って、少しずつ色々食べられるから大好き♪
NCM_1695.jpg
まずは、牛肉の煮物に海老餃子、プチ豚肉まん
牛肉はとろとろスパイシーで、ぷりぷりの海老がヤバ過ぎます。。。




春巻きも揚げたてでサクサク
NCM_1696.jpg
揚げ物も、お茶が口の中をサッパリさせてくれます。




締めは、海老シュウマイと粽チマキ
NCM_1698.jpg
海老の大きさと量が半端なく、病み付きになります。。。


粽ちまきはホオバに巻いて蒸されたもち米がモチモチしていて、
NCM_1699.jpg
もち米の中に中華具材がギッシリ!!!





もっとたらふく食ってやろう!と思っていましたが、あっという間にお腹いっぱい。。。
スイーツまでたどり着けませんでした。

案外食べられないものです(笑)。




満腹、満腹!
おいしゅう頂きました♪




後半に続きます★


12月24日 雨のちくもり

いつものように、映画を見てはワインを飲み、爆睡しては機内食で起こされ…(苦笑)。

そう、今年からJALの飛行機が全て一新されていまして、、
機内は新しくシートも広くとっても快適で、しかも機内食はめちゃくちゃ美味!!しかもこの日は座席がめちゃくちゃ空いていたため(クリスマスイブにわざわざ飛ぶ人なんていないか…苦笑)、珍しく隣も空席で、足を伸ばしたり寝転がったり自由で快適な空の旅でございました。。。
あ、言い忘れましたが私、快適な空の旅といってもエコノミークラスですからお間違いなく。いつもあの手この手でマイレージをコツコツ必死に貯めて何とか無料で飛行機に乗り込み、滞在先もホテルではなくボロアパートに滞在し自炊という超極貧貧乏旅行ですので、決して羽振りが良い訳ではございません(笑)。


そうこうしているうちに、今回もあっという間にJFK空港に到着。。。
NCM_1689.jpg
ニューヨークはあいにくの雨模様。。。



機内から出て降りてバゲッジを受け取り税関を抜けると、友達が迎えに来てくれました。
空港で出迎えてもらえるなんて、、、
ニューヨークに通うようになって15年以上経ちますが、こんなありがたいこと初めてです(涙)。
空港を出て早々変な白タクのおっさんに拉致られたり、お金ぼったくられたり、過去にはひどい事件いっぱいあったなぁ...


今回お世話になる友人のYちゃんのお家は、JFK空港から近くの「ジャマイカ地区」という電車で帰れるという何とも素敵な地域で、たった$6.00であっさりお家に到着!ちなみに、私がいつも滞在するユニオンスクエアー近くのアパートは、JFK空港からタクシーで約1時間弱、高速料金やチップなどを含めると$60.00くらい。



しかも家は新しく広~い!
リビングの一角に私の居住区を頂きました。。。
NCM_1692.jpg
今日から一週間、お世話になります。






けんけんNY日記2014 12月23日 はれ

いやぁ~、あっという間に年末ですね。。。


今年も駆け抜けました...。
今年最後のスタジオイベント「KDF幼稚園児&小学生のクリスマス会」と大人のクリスマスコンサート「クリコン2014」も無事盛況、仕事納めまで滞りなくレッスンができ、実りある一年を振り返りながら成田空港へ向かいました。


そう、今回のこの徒然日記、なんと今年に入って3回目!

年明けのニューヨークは3月に出演したイベント、キャンドルナイトの演目「よされ節」の創作に、
夏のエジンバラはLan-T003海外公演に、

そして今回年末のニューヨークはと言いますと、、、
一度クリスマスの時期に来てみたかった的なミーハー感(笑)、
リフレッシュにレッスンガンガンに受けたい(…それ、リフレッシュか?)、
ピラティスのトレーナーのセッションを受ける!
舞台製作でいつもお世話になっているこちら在住の先輩に「石の花」DVDを渡しフィードバックをもらいがてら今後の舞台の相談と対策!
などなど渡米理由は諸々とありますが、
一番の目的は、実は来年以降私の中で前々から少し考えているプロジェクトがありまして、それに協力してもらうNY在住のお友達とゆっくりその計画がしたくて来たわけであります。


エジンバラの行きに致し方なく購入したキティの機内用スリッパ...、
NCM_1680.jpg
なんだかんだ今回も愛用(笑)。



2014年の締めくくりと2015年へ繋げるにふさわしい旅になればと思います。
NCM_1686.jpg
飛行機の窓の外は、今まで見た事のない色の大海原が広がっていました。。。







8月18日 晴れ時々くもり

Edingurgh最終日。。。






今日は朝からパッキングを少しずつ進め、お昼前に一本気になっていた舞台を観に「ZOO SOUTHSIDE」へ行きました。
NCM_1385.jpg
とってもいいお天気でした。
「ZOO SOUTHSIDE」のこの景色を見るのも今日が最後です。。。


今日が初演の「Beyond the body」というコンテンポラリーダンス
NCM_1387.jpg
客席側からの入り口は、ものすごく新鮮に感じます。



演目や演者、演出が変わると、舞台の顔もガラリと変わりますね。
「re:fujisan」は、客席側からはどんな風に見えていたのだろうか、そんなことを思いながら、出てくるダンサーの動きにも映像も照明も音も気になりながら、いつもとなんだかちょっと違う感覚で見入ってしまいました。自分の踊りもこんな風に客観視できたらいいのにな。と思ったりして。
やはり、今回の旅のテーマも反省点も課題も「客観視」。今後もずっと付いて回りそうです。。。





その後、少しだけショッピングをして帰宅、
今日の夕食はBBQ!とのことで食材の買出しに行き、
その間、長谷山さん達が冷蔵庫内の整理をしてくださったので、残りの食材でおかずを作り、
近くの公園でBBQ!
それから、ビリヤード大会!
そのあと部屋に戻って、パッキングの続き!
でもってラスト、LaN-T003反省会!





で、今に至ります。






明日(今日?)の朝5時にアパートを出ます。
出発まで少し時間に余裕があるので、
今からゆっくりと帰り支度をしていこうと思います。



8月17日 晴れ ★その弐★

★その壱★より続きです。。。


そう、「L' Entant qui...」という、サーカスというより舞台。。。
とってもオサレで斬新でした。


もともとある舞台でなく、
NCM_1369.jpg
敷地に特設テントが設置されています。


森林の中に異様な風景です。
NCM_1372.jpg
入る前からドキドキでした。



中も木のオブジェで素敵な雰囲気に。
このようなテントの中でも照明や音響設備もすごく工夫されています。
NCM_1375.jpg
アクティング・エリアは、草、土、縦長に敷かれたベニヤ板。
始まる前から、視覚・聴覚・嗅覚・触覚・感覚と、味覚以外の5感にビンビンに響いてきます。


直径12メートルのぐるり一周取り囲むように作られた客席、その中央で繰り広げられるサーカスでありながらもそのフランス語で「夢見る子ども」というストーリ性のある舞台に、あっというまに引き込まれてしまったことは言うまでもありません。というより、テントの入り口からもうそれは始まっていたのかもしれません。


それは、ある子どもが出会った不思議な奇妙な光景がお話の舞台となっています。
シーンには、病院のベッドやお薬などもでてきますから、その子どもが闘病中に見た幻覚の中で見た夢であろうことが伺われます。その子どもをマリオネット、幻覚の中に出てくる登場人物の奇怪さをスリリングでアクロバットな動きや、サーカスならでわの高さのあるバランスを使って表現しています。


音楽もチェロ・オーボエ、子ども(マリオネットを操る人)の生歌のみ。
出演者の一流のアクロバット技術やお芝居はさることながら、楽器一本で舞台の流れに着色してゆくチェロ奏者。きっと舞台脚本家や舞台演出家以外にも、空間技師や調光技師、スカルプチャー(自然造形・自然彫刻)などの多くの芸術家が携わっているであろう、まさに芸術家達の共演でした。


そして、衝撃のラストシーンは、
より一層、この舞台の記憶を強く胸に焼き付けました。
NCM_1374.jpg
またどこかで出会えるのであれば、もう一度見たいです。。。








そして、喜び勇んで次の会場へ。
NCM_1382.jpg
先日、ロイヤルマイルで私に声をかけてくださり、「re:fujisan」にも仲間の方々を大勢連れて観に来てくださった、日本人女性の加藤さんという方のクルーの公演に行きました。その舞台「THE SAKE」は、これぞ日本!的な、お米が収穫されてからお酒が出来上がるまでの一年(日本の四季)を、英語落語と共に日本舞踊や能を近代的にアレンジしたものや、ロックミュージック、マジックショウ、エアリアル(空中)ショウなど盛りだくさんの内容で紹介するというエンターテイメントショーでした。




で、先日「re:fujisan」にみなさんでお越しいただいた時に、その加藤さんたちクルーの中に一人、私が東京に足繁く通っていた頃に渋谷のスタジオで大変お世話になった先生とよく似た女性がおりました。もう14~15年も前の話です。


他人の空似でもダメもとで聞いておけばよかったなぁ…と、何も声をかけなかったことを後悔していたので、その夜、加藤さんに公演にお越し頂いたお礼のメールをしがてら、人違いだったらすみません…と、お伺いしたところ、、、
NCM_1379.jpg
なんと!!!やっぱり本人でした!!!
この先生は、エアリアル専門に演出や振付・指導をされている先生で、その14~15年前の時から、アクロバティックなダンスに特化したレッスンを展開しておられました。


パンフレットを見てビックリ!
先生は、演出・振付・指導かと思いきや、ご本人もまだまだ現役で出演されていて、空中をグリグリしてました。。。私よりも一回り以上年上の先生なのに相変わらず超~パワフルでした。
今や、東京の芸能界や舞台関連でも、エアリアルの指導と言えばこの先生!というほど有名で、その道を突き進んでいる超かっこいい先生なのに、「フリンジフェスティバルは、自分に対しての挑戦で、初心に戻らせてくれるの」と、とても謙虚で、こんな私にも「お互いに頑張りましょうね」と言って頂けて、胸が熱くなってしまいました。


確かに、
集客のために毎日毎日チラシを一生懸命心を込めて配ったり、
誰も自分のことを知らない超~アウェイの中で踊るから、お客さんの反応もダイレクト。当然、お客さんが自分の知り合いや友人の時とは全く違う言葉が返って来ることも無きにしも非ずな訳で、、、



このEdinburghで加藤さんに声をかけていただけたのも、先生と再会できたのも、きっと何かの縁に違いありません。
本当に不思議なものです。





意気揚々と帰宅、
これもフリンジの一つ、夜中の「キャバレー」たるものに誘われ見に行ってみたものの、、、
NCM_1381.jpg
ラスベガスの豪華で煌びやかで壮大なトップレスショーを思い出すと、
場末感極まりなかったですが、、、




これも経験のうちですかね(爆笑)。






8月17日 晴れ ★その壱★

千秋楽明けてお休み初日。。。



いつもよりちょっとだけ朝はのんびり起きて、午前中は部屋の片付けとパッキングを途中までしました。まだ何だか昨日で千秋楽を終えた実感がなく、ポワ~っとしていました。。。


そしてランチ!
お昼にSARAさんと待ち合わせをし、あかねさんと女3人女子会♪
NCM_1366.jpg
いやぁ~、待ちわびてましたよ
ついに念願のMussel でございます♪いやっほ~ぃ!!!!!



前回2年前の休日は、「Mussel INN」というプリンスストリート近くのお店に行きましたが、もっと身が大きくてぷりぷりのムール貝が食べられるお店があるとのことで、アパートから徒歩5~6分程の所にある「Mussel & STEAK」に!!!
NCM_1359.jpg
3人で色々なアペタイザーをシェアしながら


ムール貝たらふく食べて
NCM_1363.jpg
ワインもお安く飲めるという
超~豪華Supecialランチコースです。




さてさて、今回の旅、こんな終盤になって最初で最期でございますが(笑)、好例のけんけん食レポのコーナーがやってまいりました。



まずはアペタイザー(前菜)から♪
NCM_1362.jpg
ゴーダチーズ(山羊のチーズ)のパイ。思いのほかクセがなくて美味しいです!ワインがすすんで仕方がありません!!!



続いては、ポテトとサーモンのサラダ
NCM_1360.jpg
こっちのサーモンはとにかく身が厚くて美味しいです。



そして、2年越しでようやく出会えたハギス!トマトソース添え
NCM_1361.jpg
「ハギス」とは、イギリス(スコットランド)の郷土料理の一つで、羊の内臓で作ったソーセージのようなものです。イギリス料理に関しては結構?割と?色々な?散々な?言われがありますが(苦笑)、そんなことなかったですよ、てか、このお店のお料理が美味しいのかしら?ハギス、かなり美味でした!!!



そして、本日の主役!
Mussel ふぉぉぉぉぉ~っ!!!!!マッスル!マッスル!
NCM_1365.jpg
うわさどおり、身が大粒でぷりぷり♪
ガーリック&オニオン&サワークリーム味とジンジャー&オニオン&ホットチリ味の2種類を赤ワインと共に堪能♪



大変おいしゅうございました。
幸せなひと時でございました。



ランチの後、
ロイヤルマイル方面へ向かいぶらぶら街を散策。
ショッピングをして一旦アパートに戻りました。
NCM_1384.jpg
頼まれ物の例のブツも手に入れましたよ♪
高級品な上にポンドのレートやばいから、いっぱいお返ししてもらわなくちゃ。




そして、夕方からみんなでサーカスを見に行きました。
先週、Barでショウタイムに出させていただいた時、私達の前に出演していたグループで、サーカスだけどめちゃんこオサレで素敵なショウをやっていたので、実際に見に行こう!ということで。
NCM_1383.jpg
「L' Entant qui...」という演目。
フランス語で、「夢見る子ども」という意味らしいのですが、






度肝を抜かれました。。。
今までこんな舞台を見たことがありません。
心臓を一気にわしづかみされたような衝撃と感動でした。








<その弐へ続く>


8月16日 くもりのち晴れ

公演千秋楽!!!



おかげさまで、大きな怪我もなく事故やトラブルもなく無事に終焉できました。。。


リハーサルも入れて15日間公演、本当に素晴らしい経験をさせていただけました。
LaN-T003のメンバーの皆様、照明・VJスタッフ&ZOO KEEPERの皆様方、コーディネーターのあつみさん、SARAさん、本当にありがとうございました。そして、この作品の製作、振付から演出、ダンス指導に演技指導、フリンジフェスティバルまでの準備一切合財全て手がけ、チームをひとつにまとめて下さった長谷山さん、本当に本当にありがとうございました。




そして、私が不在のKDFを支えてくれている
りお先生、SAB先生、KYOKO先生、ゆきえ、スタッフのまやちゃん、バレエ講師陣のみなさま、ちか先生をはじめピラティス講師陣のみなさま、、、私にこうした時間を頂きありがとうございました。KDFの大きな行事のひとつの夏祭りも大盛況だったようで、もともと安心しきって任せてはおりましたが、改めて心強さを実感しました。本当に感謝いたします(涙)。



今後の明るい未来と楽しい夢にむかって、
富士山を一歩一歩、苦しい時も、辛い時も、富士山頂の青空と景色とご来光を見渡す瞬間に期待を膨らませながら登るかのように


NO DANCE, NO LIFE.
NO PILATES, NO LIFE.




応援ありがとうございました。
1408199883642.jpg




8月15日 珍しくずっと晴れ!

公演15日目。。。



昨日、長谷山さんから言われてまとめたことを実践すべく、、、
覚悟を決めました。。。



伝わったかどうかわからないけれど、
伝えようと努力はしました。



終焉後、長谷山さんから
「まだまだイケるね」と言われ、
明日はもっと!!!という気持ちになりました。




ここまで来るのにこんなに時間がかかっちゃいました。
ごめんなさい。。。





明日はいよいよ千秋楽。
ちょっと緊張して眠れないですが、、、


やり切りたいと思います!!!










8月14日 超はれ時々にわか雨

公演12日目。。。




今日は、長谷山さんの生徒さんとそのお友達がはるばる日本から公演を観に来てくださいました。
公演は無事大きなトラブルもなく、終焉後は長谷山さんの生徒さんとメンバーのみんなでマレーシア料理屋さんでランチをし、夕方からはコーディネーターのあつみさんと娘のSARAさんをアパートに招いての夕食会で盛り上がりました。



そして夜、、、



長谷山さんがダンスメンバーを集め、今回の舞台残り2公演を残し、この作品「re:fujisan」をどう踊りきるか、ストーリーのこと、作品の解釈のこと、気持ちの持って行き方のこと、動きの詳細から表現不足な箇所の個々のダメ出し、全てにおいての話をしてくださいました。



今回、この旅に参加させて頂けて、この舞台に挑戦させて頂けて、
心から
本当に本当にありがたいと思えた話でした。
この話を聞くためにEdinburghに来たと言っても過言ではないほど、私にとって重要な時間でした。



作品を通して、どのように動いていいのか、どう表現していいのか、もやもやしていた箇所が全て一気に晴れ、
それと同時に、

「創りこんでいく」ということが大切なのは分かってる。
まだまだイケるはず、それも分かってる。



でも、どうしたらいいのか、、



そんなイライラも一撃されました。
細部の問題を改善するヒントを一つずつもらえたような感じでした。





ダンスだけでなく、普段の生活の中のほんの些細な時でも、


意識できていない
忘れてしまっている
ごまかそうとしたり
逃げたり言い訳したり


相手の立場になって考えることが出来なかったり


うまくまとめようと上っ面なことになっちゃったり



でも、誰かの何の気もない慰めで
何の解決もしないままスルーしたり美化したり



自分と向き合えていない
そんなつもりなくても
きっときっと
そんな部分が沢山あるに違いない、、、




今回の旅を振り返り、
深く深く反省しました。





これから大切な人を本当に大切にできるように





長い時間をかけて積まないとできないこともあるけれど、
明日にでも出来ることはなんだろう、、
明日にでも変われることはなんだろう、、




これからは、そういう思いで一日一日を歩んで行きたい。。。
心からそう思いました。
だからこの、「re:fujisan」は私自身のテーマであり、両足で立ち、高みへ向けて一歩一歩進んでゆく上で大切な「気づき」の警鐘なのかも知れません。
こういった話し合いの時間を持ち、そういう言葉の表現で、メンバーをまとめ舞台をよりよくするためにみんなを奮起させることが出来る、これが本物のリーダーのあるべき姿なんだ、と思いました。




解散後、
実際に公演で舞台上での話、明日までに修正したり具体的に創りこむところをまとめました。
さっそく明日から実践です!




今日は大切な気づきがいっぱいありましたが、
忘れないように
ちゃんと咀嚼して、
ちゃんと腑に落として、




明日から生まれ変わった気持ちで、、、
誇りを持って、表現したいと思います!!!


8月13日 晴れのちくもり一瞬小雨のち晴れ

公演11日目。。。


今日はとにかく会場のお客さんの雰囲気がよくて、舞台全体がいい空気だった気がする。
昨日とは打って変わって、照明や音響などの機材トラブルなどもなく、LaN-Tパートも絶好調は感じだったような気がしたのは気のせいだろうか。。
ストリートでのパフォーマンスを見ていてもいつも思うけど、ただ単純に作られたダンスを踊る訳でなく、その場その場のお客さんや会場の空気を読み取って大きな人の輪を作り、ものすごい絶妙なタイミングでMusic Start!!!させるから、お客さんは本当に前振りからのダンスに釘付けになる。

だから、舞台でも会場内のお客さんの雰囲気がいい日なんかには、笑いのツボをポチッと押すタイミングやそういう空気に持っていくことなどお手の物なのである!
…って、私がイバることではないですが(苦笑)。



私自身も、心身共にノっていた感はありました。



と言っても、今日もまた一つ改善しきれていない箇所をダメだし頂いたので、、
明日も抜かりなく頑張ります!!!




そして、今日もストリートパフォーマンスがあるので一旦帰宅。




今日も大勢の人だかりの中でチラシ撒き撒きダンスして声かけてPRしてポスター貼って。。。
公演も残すところあと3回です。





一回一回を大切に踊ります。







今日は珍しくあかねさんと買い食い
NCM_1355.jpg
マンゴーアイス食べちゃいました♪






そう、マンゴーと言えば、、、(ここからは超~余談です。)






偶然かどうか分かりませんが、(多分、マンゴー話が繋がってるの私だけ…苦笑)
さっきお夕飯の時、長谷山さんが、旅行についての話から、LaN-T003の世界一周の旅の話から、世界の治安や貧困についての話しになり、日本って本当に幸せな国だねってところから、長谷山さんが今まで旅をした中で一番衝撃を受けた国の話をしてました。







衝撃を受けた国と言えば、私もかつてフィリピンの子ども達を救おう!フィリピンに学校を建てよう!的企画で、フィリピン人シンガーとミュージシャン、ゴスペル軍団とダンサーで一丸となってフィリピン現地でのコンサートツアーを決行したことがありました。企画したジャズシンガー本人がフィリピン人だったから、観光じゃ絶対に踏み入れられない土地も通りその殺伐とした風景を目にしました。みんなでスラム街を通り、村長さん宅を表敬訪問しておもてなしを受け、子ども達に物資を提供、学校・教会・日本人が経営するJAZZ BARを回り踊った時のことを思い出しました。。



そのツアー最後の2日だけ泊まったセブ島のリゾートコテージ。。。
旅の前半であまりの貧困さに衝撃を受けてしまい、せっかくのリゾートも心中複雑でした。そんな感慨深い気持ちに押しつぶされそうになりながら、コテージ内のレストランで出た朝食のマンゴーが美味しくて美味しくて。。。こんなに美味しい食べ物が獲れる国なのに、この国の貧困層の子達の口に入ることはなくて、、、涙ぐみながら食べた覚えがあります。


それから、果物そんなに好物でもない私もマンゴーにはいつも反応し、
そのたびにフィリピンでの出来事を思い出します。



もし、次回もそんな機会があったら、
美味く説明できないですが、芸術が心を救えるかも知れない的な、
そんなショウを創り踊ることが出来るようになったらいいな、、、



と、思いました。




話は反れましたが、、、




明日も頑張ります!


| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。